リカルド「僕は"数枚の切り札"を持っている。決断を急ぐ必要はない」

ダニエル・リカルドは2018年以降の交渉をレッドブルと行うのに、"数枚の切り札"を持っていると語った。

 ダニエル・リカルドは2018年以降の交渉をレッドブルと行うのに、"数枚の切り札"を持っていると語った。

 最近レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、2020年末まで契約を更新。次にレッドブルはリカルドとの契約を延長することを目指している。

 リカルドはまだ決断は行わないとし、レッドブルのパフォーマンスを評価しながら検討することができると考えている。

「僕は自分のやり方を変えることはないだろう。これまで(自分の契約のために)大きなチームを持ったことはなかった。今回僕はこの交渉を助けてもらうために弁護士を雇った」

「来季でレッドブルとの契約が切れるとしても、いくつかのカードを持っているため、決断を急ぐ必要はないと思う。クリスチャン(ホーナー/レッドブルのチーム代表)とヘルムート(マルコ/レッドブルのモータースポーツアドバイザー)が僕を獲得したいと表明してくれることはとても嬉しいことだ」

「"早くチームを離れて欲しい"と言われているよりずっと良いと思う」

「このような立場に立てたのは今回が初めてのことだ。僕はこのシチュエーションを最大限に活用したいと思っている。チームとは積極的に議論し、秘密を持たないようにするつもりだ」

「確かに金銭面で交渉することができると思うが、一番優先したいのはパフォーマンス面だ」

「僕は高額の報酬よりも速いクルマを追いかけるのに十分な競争力がある方が良いと思っているし、自分のキャリアをまだ続けていきたいと思っている」

 ホーナーは2018年始めまで、リカルドの決断を待つ準備ができていると語っている。そして、それがリカルドとの契約を延長することができることを意味するならばと。しかしリカルドとの契約は来シーズン末で終わるため、レッドブルとしてはリカルドがライバルチームと契約するのを止めることはできない。

 リカルドが決断を下す大きな要素は、チームメイトの"質"になると語った。

 リカルドはメルセデスのルイス・ハミルトンと同じマシンに乗って彼に挑戦したり、さらにレッドブル時代のチームメイトであるセバスチャン・ベッテルとフェラーリで戦うことにも興味があると語った。

「自分自身の実力を測るだけでなく、学習し続けられる良いチャンスだと思う」

「様子を見てみよう。状況は良いと思うが、何かが起きる可能性もある。決定的な要因ではないかもしれないが、少し気になってくるかもしれない」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース