リカルド、レッドブルvsフェラーリは”超接近戦”になると予想

シェア
コメント
リカルド、レッドブルvsフェラーリは”超接近戦”になると予想
Charles Bradley
執筆: Charles Bradley
2016/07/29 15:24

レッドブルのダニエル・リカルドは、ドイツGPでの3番手争いは、フェラーリとの”超接近戦”になると考えている。

Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12 sends sparks flying
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12

 レッドブルのダニエル・リカルドは、ホッケンハイムでのドイツGPの初日フリー走行2回目を、5番手でフィニッシュした。ライバルであるセバスチャン・ベッテルとの差は、約0.3秒である。

「1周のペースは、本当に近いね。でも、僕らは燃料搭載量が少ない時のラップタイムは、もう少しあると思う。だから、明日の差はもっと近くなると思うよ」

 リカルドはセッション終了後、そう語っている。

「セブ(ベッテル)は今日、フェラーリvsレッドブルの戦いに勝った。しかし、僕らは1周のペースをもう少し引き出すことができるはずだ。良い戦いになるだろう」

 リカルドは、ロングランのペースに対しては非常に楽観的であり、メルセデスのふたりに対しても、相対することができるかもしれないと考えている。

「燃料搭載量を増やした時は、特にポジティブだった。もし日曜日までこれを維持することができれば、素晴らしいことになるだろう」と、リカルドは付け加えた。

「燃料搭載量が多い場合、メルセデスにも近いように見えた。非常に良かったんだ。しかし、日曜日には何が起きるか見てみようじゃないか。とにかく、燃料搭載量を増やした時は、競争力があったんだ」

「すべてがうまくいけば、明日は3番手になることができるだろう。それ以上に、僕らのレースでのスティントは、本当に良さそうに見えた」

「僕らが今日行ったようなことを日曜日に再びできた場合、レースで本当に大きなチャンスを得ることができると思う」

次の F1 ニュース
バトン病院へ。目に刺激を訴える

前の記事

バトン病院へ。目に刺激を訴える

次の記事

FIA「フェルスタッペンは、許容範囲の限界だがフェアだった」と結論

FIA「フェルスタッペンは、許容範囲の限界だがフェアだった」と結論
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ドイツGP
ロケーション ホッケンハイム
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Charles Bradley
記事タイプ 速報ニュース