リカルド、ランク4位を失うも「次のレースまで時間が空く方がつらい」

最終戦リタイアに終わったリカルドは、ランキング4位を失ったことよりも、リベンジのチャンスがしばらくないことがつらいと語った。

 レッドブルのダニエル・リカルドは最終戦アブダビGPの序盤、4番手を走っていたが、ピットアウト直後に油圧系のトラブルでリタイアとなった。その結果、4位に入ったキミ・ライコネン(フェラーリ)がドライバーズランキングでリカルドを5ポイント差で逆転。リカルドはランキング4位を逃す形となった。

 ランキング4位を失ってしまったことについて、リカルドは『NBC』に次のように述べた。

「本音を言えば、あのクルマがあれば彼(ライコネン)がチャンピオンシップのはるか前を行っていたはずだ」

「だから、大したことだとは思わない」

 マシントラブルによるリタイアが今季5度目となったリカルド。最終戦でのリタイアは、来季の開幕戦オーストラリアGPまで時間が空くこともあって、他のリタイアよりも精神的なダメージが大きいと語った。

「今回のリタイアは、おそらく他のものよりも痛いだろう」

「オースチンでのリタイアにもがっかりしていたけど、次の週にはリベンジのチャンスがあった。だけど今回は3月までそのチャンスがないんだ」

「単なる信頼性の問題だったから、それを避けるために僕にできることはなかった。正直に言って、シーズンの締めくくりとしてはかなりつらいものとなった。確かに何度かは良い時もあったが、結末は少し厳しいものだった」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第20戦アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー ダニエル リカルド , キミ ライコネン
チーム フェラーリ , レッドブル
記事タイプ 速報ニュース