リタイアで”傷心の”ベッテル「今、チームを批判するのは間違っている」

セバスチャン・ベッテルは、日本GPでまたも発生した信頼性の問題に関する批判から、フェラーリを”かばう”必要があると考えているようだ。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、スパークプラグに問題が発生したことで日本GPを早々にリタイアすることになった。タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝を決めたことで、彼とベッテルのポイント差が59ポイントまで拡大した。

 マレーシアGPでは、キミ・ライコネンとベッテルのマシン両方にマニホールドパイプの故障が発生。ライコネンは決勝にスタートすることすらできず、ベッテルも後方からの追い上げを強いられてしまった。そして、鈴鹿で新たな問題が発生したことにより、ベッテルのタイトル争いへの希望は壊滅的なダメージを受けてしまったのだ。

 ベッテルは日本GPのリタイアに”傷ついている”ものの、チームを批判することは間違ったことであり、批判からチームを守る必要があると考えているようだ。

「間違ったことが起きれば、普通なら批判的になるだろう。それも僕たちの仕事の一部だ」とベッテルは述べた。

「でも、僕は彼らを守るべきだと思う。僕たちはこれまで信じられないような仕事をしてきた。信頼性の問題でここ2レースは残念だったが、時には起きることだ」

「もちろん傷ついているし、僕たちみんながっかりしている。だけど今は休息をとって、それから終盤4レースに向けて全力を出すべきだ。それで何が起こるか見てみよう」

 日本GPがこういった結果に終わったことにより、早ければアメリカGPにも、タイトル争いが決着する可能性も出てきた。しかし、ベッテルは猛烈な逆風にもかかわらず、まだ諦めないと語った。

「僕たちにはまだチャンスがある……だけどもちろん、それは僕たちがコントロールできるようなものじゃない」 

「でもチーム全体が良い状態にあり、僕たちはレースごとに良くなっている」

「僕たちは、みんなが思っている以上にはるかに前に進んでいる。いくつかポジティブなところもある。だけど今日はポジティブなところがなかったからそうは見えないだろうけどね」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第16戦日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース