ルクレールのカーナンバーは16。しかし第3希望だった!?

アルファロメオ・ザウバーから来季F1デビューすることが決まったルクレールが、自身のカーナンバーを16に決めたことが分かった。

 今季のF2で圧倒的な強さを発揮しチャンピオンを獲得したシャルル・ルクレール。そのルクレールは、マーカス・エリクソンのチームメイトとしてアルファロメオ・ザウバーに加入。来季グランプリデビューを果たすことになった。

 アルファロメオとザウバーの提携発表会に展示されていた来季カラーリングのコンセプトをまとったマシンには、16のカーナンバーがプリントされており、ルクレールがこのカーナンバーを選んだことを暗示していた。そしてその後、チームはルクレールのカーナンバーが16になることを確認した。

 金曜日に行われたFIAの表彰式に出席したルクレールは、16が3番目の選択肢だったことを明らかにした。ルクレールが希望した他のふたつの番号は、すでにキミ・ライコネンとピエール・ガスリーによって使われていたためだ。

「僕はまず最初に7番を選んだ。しかし、それはキミがすでに使っていた。その後、僕は10番を選んだけど、ピエールがF1にやってきてその番号を使った」

 ルクレールはそう語った。

「その後、僕は16番を希望した。それは僕が生まれた日(1997年10月16日生まれ)だから。そして他に何か良い番号を見つけることができなかった。1+6の7が、本当に好きな番号なんだ」

 F1デビューシーズンの現実的な目標について尋ねられたルクレールは、来年2月にバルセロナで行われるプレシーズンテストまで、判断できないと語った。

「F1で期待することは、実際にコースでマシンに乗り、その真価を見るまでは判断するのが難しい」

 そうルクレールは語る。

「ジュニアカテゴリーでは、目標を立てたり、何かを期待することができる。しかしF1はマシンの違いははるかに大きいから、それを定めるのはずっと難しい」

「新しいパワーユニットは大きなステップになるはずだし、うまくいけばマシンの面でも前進することができるはずだ。しかしそれはまた、他のチームの前進がどれほど大きいかにもよる。これは、僕らが見極めなきゃいけないことだろう」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール
チーム ザウバー
記事タイプ 速報ニュース