ルノーのパワーユニット”信頼性”改善計画。シンガポールでは人員増強

ルノーは、信頼性を向上させるための対策の一環として、シンガポールGPからレッドブルに、追加の人員を割く予定だ。

 今季のルノーのパワーユニットは、信頼性の欠如が問題となっている。特にベルギーGPの決勝でレッドブルのマックス・フェルスタッペンのマシンがトラブルによりリタイアしたことで、その問題はより熱を帯びて語られることになった。この時のフェルスタッペンのトラブルは、センサーがパワーユニットをシャットダウンしてしまったことにより起きたものだったとルノーは説明する。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、今季のルノーの信頼性の低さは容認できないとの見方を示した。

 ルノーもこれについては十分な仕事ができていないと認め、これを改善するための計画を立てている。前回のイタリアGPで改良版のパワーユニットを投入したものその一環ではあるが、次戦シンガポールGPからは、信頼性を向上させるためにレッドブルを担当する人員を増やすという。

 ルノーF1のマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、motorsport.comに対して次のように語った。

「マックスに起きたあらゆる種類のインシデントは、他のドライバーと同じように施すべき対策がある」

「最も最近の問題は、スパで起きたセンサーの問題だった。現時点では、当時我々が行っていたよりも、はるかに優れた手順がある」

「それは謝罪する問題ではない。それは適切な場所にあったはずだ。言い訳を探そうとするつもりはない。それは適切な位置にあったはずだし、今も適切な場所にある」

「また、我々はルノーを犠牲にしてでも、レッドブルに最適なパーツを提供することに集中する。レッドブルとマックスに対して、我々にはその義務があると感じている」

「そして人員の面では、リソースを追加する。それはシンガポールGPからスタートする予定だ。我々はレッドブルの作業に専念するスタッフを立てる予定だし、さらに信頼性とオペレーションを追求するスタッフをつける」

「我々は反応している。今回のことを簡単に考えているわけではない。我々は反応しているんだ。この状況へどう対応しているかについては、私はかなり誇りに思っている」

ブローアップは起こしたくない

 ベルギーGPをリタイアした後、ガレージに戻されたフェルスタッペンのマシンは、プラグを脱着するだけでエンジンが再始動したという。この事実は、フェルスタッペンの怒りに火を注いだという。

 そしてフェルスタッペンは、「センサーでストップするよりもエンジンがブローした方がいい」と発言した。当然、これについてはアビテブールは同意しない立場である。

 フェルスタッペンの発言について尋ねられたアビテブールは、次のように語った。

「ノーコメントだ。正直に言って、私は理解できない。スパのエンジンは大丈夫だったんだ。だから、そのエンジンは再び使う予定だ」

「もしブローアップしてしまえば、それは新しい追加のエンジンを導入すること、そしてより多くのペナルティを受けることを意味するだろう。だから、私は理解できない」

 アビテブールはまた、今季中にさらなるアップデートが投入される予定だと語った。しかし、勢力図を変えるような大きなものではないと言う。

「少しアップデートがある予定だ」

 そうアビテブールは語った。

「おそらく、少しのパフォーマンス向上につながるだろう。詳細については語らないが、全てのチームにパフォーマンスをもたらすだろう」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース