ルノー開幕戦仕様PU、信頼性重視しパフォーマンスを”自主的に妥協”?

ルノーはシーズン序盤の信頼性を重視し、開幕戦オーストラリアGPにはパフォーマンスを”妥協”したPUで臨むようだ。

 ルノーは、シーズン序盤で信頼性についてリスクをゼロにするため、開幕戦オーストラリアGPにパワーではなく信頼性を重視したスペックのパワーユニット(PU)を用意しているようだ。

 昨シーズン、ルノーのPUには多くの信頼性問題が起きた。そのため、彼らはオフシーズンの間、信頼性の向上に取り組んできた。

 2018シーズンは、ドライバーがペナルティなしで使えるPUが3基までに制限されている。そのため、もしシーズン序盤でトラブルが起きるようなことがあれば、その後のシーズンに大きく影響してしまう。ルノーはそれを避け、より保守的なアプローチを採ることを決めたようだ。

 彼らはオーストラリアGPに臨む仕様のPUで信頼性を確保し、2基目、3基目のPUを投入する際に大きくパフォーマンスを向上させることを狙っている。

 ルノーF1のマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは「正しいプラットフォームを確保するため、1基目のPUを自主的に”妥協”することを決めた」と、motorsport.comに語った。

「もし最初のレースから信頼性の問題が出始めたら、レースだけではなくシーズン全体で妥協を強いられる。そんなことをしている余裕はない」

「適切なベースラインを設定し、適切なプラットフォームを用意し、シーズンの計画を立てるんだ。ファクトリーでの開発を、PU投入のタイミングに合わせようとしている。(PU投入の)機会は非常に限られているからだ」

「使用出来るPUが少なくなったことで、パフォーマンスを追求するのはより難しくなっている。だから、信頼性にかなり重点を置いている」

1回目のテストは確認作業

 アビテブールは、ルノーの新しいPUはベンチテストで、V6ターボ&ハイブリッドが導入されて以来もっとも多くの距離を走行していると明かし、その耐久性に勇気付けられていると話した。

 しかしオフシーズンテストでの多くの確認作業が残っているため、最初のテストでルノーの進歩を判断することはできないと彼は主張している。

「昨年と同じ時点と比べ、ベンチテストで11倍の走行距離をカバーできている。我々は開幕戦までにベンチで7万kmの走行を目標にしている」と彼は述べた。

「それは、(現行の)V6エンジンが導入されてから、これまでなかったことだ」

「率直に言って、我々はベストを尽くしたと思う。我々のプロジェクト管理と精神、規律は素晴らしいものだった。しかし私が言ったように、トラックでの走行に臨む際に多くのモノを確認する必要がある。特に、ベンチテストと実際の走行で相関関係に問題がないことを確認することを予定している」

「だから、テストのラップタイムはあまり意味がない。明白な理由で、あらゆるものが大幅に抑えられているからだ。だが、2回目のテストではより実際的なモードで走行する」

昨シーズン閉幕時点のパワーを維持

 PUの長寿命化と信頼性にリスクを負わないことを決断したため、ルノーが劇的にパフォーマンスを上げ、メルセデスやフェラーリに対して差を大きく詰めることはできない。しかしアビテブールは、開幕戦オーストラリアでのルノーPUのパワーは、昨シーズン終了時点と同じレベルであると予想している。

「メルボルンでの目標は、昨年のアブダビと同じパフォーマンスレベルでスタートすることだ。それは実際、パフォーマンスについてのかなり良いベースラインだ」

「その上で、信頼性がかなり向上したものにしたい。信頼性や温度の問題からPUの出力を下げるような必要がないようにしたいんだ。それがベースラインとなる」

「2基目のPUでしっかりと前進し、3基目でさらに前進を果たす」

 昨年、ルノーの弱点だったPUの予選モードについて尋ねると、アビテブールは次のように答えた。

「燃料とエンジンオイルに関して多くの取り締まりがあったので、予選モードがまだ残っているのか本当に興味がある。どうなるか見てみよう」

「我々は、予選に向けて追加のパフォーマンスを発揮するモードを持っている。でも、この段階であまり多くのことは言いたくない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース