ルノー”カスタマー”のマクラーレン、PU開発への影響は2020年以降!?

ルノーはPUのデザインについて、カスタマーであるマクラーレンから影響を受けるのは、早くても2020年からになると語った。

 マクラーレンはホンダとの提携を解消し、2018シーズンからルノー製のパワーユニット(PU)を搭載することになった。ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、”カスタマー”となったマクラーレンがルノーのPUデザインに影響を与えることができるのは2020年以降になると語った。

 マクラーレンはこれまでホンダのワークスパートナーとして、PUのデザインやパッケージングに影響を及ぼしてきた。ホンダのさくら研究所に人員を送ったり、電気関係のあるPUコンポーネントの設計についても共同作業を行ったりもした。

 しかし2018シーズンからマクラーレンは、ルノーのカスタマーチームとなるため、与えられたPUにシャシーをアジャストしていかなければいけない立場となった。

 マクラーレンはルノーとの関係が深まるにつれて、ホンダ時代のようにPU開発に影響力を持ちたいと考えているが、ルノーのアビテブールはmotorsport.comに「2018年の契約は、マクラーレンがPUの設計とパッケージングに口を出すには遅すぎた」と語った。

「それは少し複雑だ。まず第一に、我々はマクラーレンとの仕事が始まる前に完璧なPUを開発していた。だから、ホンダPUに対して影響力を持っていたマクラーレンとは違い、PUのすべてのパラメーターは我々が責任を持っている」

「我々とマクラーレンとの関係は一歩ずつ進めていく。我々はとても現実的でありたい。2018年はもちろん2019年についても、マクラーレンがエンジンのハードウェアに影響を与えるには遅すぎる」

「そうは言っても、我々は謙虚でありたい。我々のPUには改善の余地があるし、そうしていかなければならない。そして、彼らの提案を受け入れることにもオープンでいたい」

「中長期的には、それはもっと重要になってくる。我々はまず新しい関係を受け止め、その関係がどうなっていくのかを見てみなければならない。うまく機能するようなら、実りの多い良い関係になれるだろう。現在のエンジンルールが終わる2021年以降も、関係を継続する可能性はある」

「そしてそれゆえ、我々はマクラーレンと中長期的により密接に働いていくことはできる。しかし私の考えでは、それは2020年以降の話だ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース