ルノー、メキシコ向けエンジンの設定に「誤りがあった」と認める

ルノーは、メキシコGPでのパワーユニットのパフォーマンスと信頼性のバランスについてのアプローチが、あまりにも攻撃的すぎたことを認めた。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、メキシコGPで圧勝劇を演じた。しかし同じルノー製パワーユニットを使うチームメイトのダニエル・リカルド、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、トロロッソのブレンドン・ハートレーは、いずれもエンジントラブルによりリタイアした。またハートレーのチームメイトであるピエール・ガスリーも、FP2とFP3でパワーユニットにトラブルが発症し、満足に走行することができなかった。

 ルノーのパワーユニットに相次いで起きたトラブル。これについてルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、標高の高いメキシコに対する準備に誤りがあったことを認めた。

「パフォーマンスと信頼性のバランスについて、準備の過程で判断を誤ってしまった」

 アビテブールはそうmotorsport.comに対して語った。

「週末の間の各マシンのペースを見れば、それは明らかだ」

「我々には非常に競争力がある。しかしその一方で、信頼性という面では、パフォーマンスと同じレベルに達することができなかった」

「それと同時にこの判断は、ルノーのパワーユニットを使うマシンが、表彰台の中央に立つことを可能にした」

「これは気候条件に関することだが、我々はそれを理解していた。ここメキシコで2年レースをしているからだ。どうなるのかはわかっている。だからこそ、言い訳することはできない」

「おそらく、我々は少し謙虚な姿勢をとらなければならないし、エンジンをマネジメントする必要があるということ受け入れなければならない」

「そして我々は、メキシコGPに向けた準備が間違っていたことを、理解しなければならない」

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、スタート直後にフェラーリのセバスチャン・ベッテルと接触し、最後尾まで下がった。しかしその後は順位を上げるのに苦労し、結局9位でフィニッシュ。アブテブールはこれこそが、メルセデスが高地メキシコに向け、適切な予防措置を取った証拠であると語る。

「メルセデスを見れば、ハミルトンがレースでポジションを回復する過程は、他のレースと全く異なっていたのが分かる」

 そうアビテブールは語った。

「彼はフェルナンド(アロンソ/マクラーレン)についていくのにも苦労していた。そして(ケビン)マグヌッセン(ハース)や(カルロス)サインツJr.(ルノー)をオーバーテイクすることもできなかった」

「これは、今後の年に向けての一例になるはずだ」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、フェルスタッペンのエンジンを労わる為に多くの手段を講じたため、かなり神経質になっていたと語る。

「マックスのマシンを管理し、できるだけ低い温度に保つようにした」

 そうホーナー代表は語った。

「燃料流量を徹底的に下げ、例えば日本のように気温が低い時と同じくらい、余裕を築くことができた」

「彼は全てを管理下に置き続けるために、とても素晴らしい仕事をしたんだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第18戦メキシコGP
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
記事タイプ 速報ニュース