ルノー、レッドブルとのギャップ縮小目指す「2019年には戦いたい」

ルノーは、2019年までにはカスタマーチームのレッドブルやマクラーレンと”完全に”戦えるようになりたいと考えている。

 ルノーF1チームは、今年はカスタマーチームのレッドブルやマクラーレンとの差を縮め、2019年までには”完全に”戦えるようになりたいと望んでいる。

 2016年をコンストラクターズランキング9位で終えていたルノーだが、翌2017シーズンでは6位以内での入賞を5回(ヒュルケンベルグ4回、パーマー1回)記録し、6位まで順位を上げた。しかし優勝3回、表彰台獲得13回を記録したランキング3位のレッドブルとは300ポイント以上の差があった。

 シーズンを通してルノーのシャシーは劇的に改善されたが、レッドブルのパフォーマンスを見れば、ルノーのパフォーマンスがまだ不足していることは明らかであり、今年からルノー製PUを使用するマクラーレンもルノーの大きな飛躍を期待している。

 チームのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、カスタマーチームの成績向上を望んでおり、そのうえで今シーズンの間にルノーと上位チームとのギャップを縮め、2019シーズンに向けてその差をなくしたいとも考えている。

 アビテブールはmotorsport.comに対し、「シャシーの面ではレッドブルに対して大きく離されている。エアロダイナミクスやメカニカルな部分もそうだ」と語った。

「レッドブルはよくやっているし、素晴らしいベンチマークだ。現時点で最高のシャシーとまでは言わないが、彼らにはそのうちのひとつがある。(今シーズンは)彼らがどんなものを考え出すのか、そのうちわかるだろう」

「マクラーレンには未知の部分がある。というのもこれまで我々の知らないシャシーやエンジンを使用していたし、ドライバーのこともそうだ。だから比較を行うのは非常に難しい。彼らも興味深いベンチマークになる」

「全体的なキャパシティとしては、今シーズン中には彼らと戦えるようになるはずだ」

「以前にも話したことだが、彼らは非常に安定した組織だ。とてもしっかりと組織化され、資金も豊富にある」

「我々は今なお作業を進めていて、成長途中にある。チーム作りのプロセスの最中だ」

「今シーズン、このプロセスの最中に彼らとのギャップが大いに縮まったとしても、彼らと完全に戦うことができるのは2019年になってからだと考えている」

 2018シーズンの目標は最低でもコンストラクターズランキング5位につけることかと尋ねると、アビテブールはこう答えた。

「今年のマシンを正式に完成させたら、それも確定するだろう。だがその方向性であることには間違いない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース