ルノー、信頼性不足によるトラブル多発を謝罪「来季は一切妥協なし」

ルノーは、シーズンを通して2017年パワーユニットのパフォーマンスを追求した結果、信頼性を犠牲にすることになったと語った。

 2017年シーズンはレッドブルが3勝を挙げたものの、ルノー製パワーユニット(PU)を搭載した3チームはすべて常に信頼性に悩まされる1年となった。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、信頼性の面で2017年はここ10年で最悪のシーズンだったと表現。実際、ルノーPU搭載チームのグリッドペナルティは合計で300グリッド以上にも及んだ。

 ルノーF1チームのシリル・アビテブールは、ルノーPUのパフォーマンス不足を謝罪したが、フェラーリとメルセデスからパワーの面でさらに離されるのを避けるためには、”非常に攻撃的”にならざるをえなかったとmotorsport.comに述べた。

「言うまでもなく、我々の2017年は信頼性の面で大きく遅れていた。我々のチームだけでなく、カスタマーチームにも多くの犠牲を強いることになり、申し訳なく感じている」

「しかし、他のPUメーカーとのパフォーマンス差を縮めるためのプラットフォーム構築を完了するためには、非常に攻撃的にならなければならかった」

「エンジンをまったく新しくしたこと、冬の間にテストベンチでの走行距離が不足していたことが原因で、オフシーズンテストでいくつか問題が見つかった。シーズン開幕時にも問題があり、これに対応して改善を施すのが非常に遅れてしまった」

 アビテブールは、トロロッソがレッドブルやルノーと同じ冷却能力を備えることができなかったことで、シーズン後半に多くのトラブルに遭うことになったと示唆した。

「シーズン後半には、新しいエンジンモードを解禁することで少しパフォーマンスを上げることに成功したが、これは信頼性にも影響を及ぼした。また我々は冷却システムにも問題を抱え、これに対応するのが難しいチームもあった」

「より高いパフォーマンスを発揮するようなエンジンの運用方法を見つけたが、それが一連の問題の引き金になった」

「走行距離が増えると、単純にパーツの寿命に関係する信頼性の問題が発生し始めた。我々は(PUの)動作温度を下げることでこれを管理しようとした。一部のチームでなんとかそれができたが、すべてのチームではなかった」

信頼性がランキング5位獲得の障害に

 最終戦でトロロッソを逆転し、コンストラクターズランキング6位でシーズンを終えたルノー。アビテブールはトラブルに苦しめられたことで、ウイリアムズを倒しランキング5位を獲得するという目標は達成できなかった。

「信頼性の問題は我々にとって大きな痛手だった。45ポイントほどを失い、我々の目標でもあったランキング5位を逃すことになったと思う」とアビテブールは説明した。

「リタイアしたのがルノーであろうと、ルノーPUを搭載した他のマシンであろうと、痛みは変わらない。非常にイライラする状況だった」

「我々が傷つくだけでなく、我々のイメージと評判が傷つくことになる。来年は一切の妥協をせずに改善をしていく。それは間違いない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース