ルノー”完全に新しいマシン”を投入し、2018年首位争いを目指す

ルノーは2018年シーズンに向けトップ争いに加わることを目指すため、”完全に新しいマシン”を登場させるべく取り組んでいると語る。

 来季に向けては、コクピット保護システム”ハロ”が導入予定となっているものの、空力面のレギュレーションにはそれほど大きな変更はない。しかしルノーは、先頭争いへの復帰を目指すため、多くの変更を施すという。

 すでにルノーは2018年用マシンの詳細について開発に取り組んでおり、ブラジルGPの金曜日フリー走行1回目でその一部を試す予定だという。

「我々は集中するべきところに対し、エンストンで強力な進化を遂げている」

 ルノーのテクニカルディレクターであるニック・チェスターは、来季のマシンの進歩についてそう語った。

「レギュレーションの変更は比較的少ないにもかかわらず、それ(2018年マシン)は全く新しいクルマだ」

「2017年のレギュレーションに基づき、空力パッケージとマシンのバランスについて多くのことを学んだ。だからこのマシンは、強力な一歩を踏み出すべきだ」

「2018年用パッケージの準備に役立てるため、ブラジルでは様々な計測機器を取り付け、実際にいくつかのエアロを試すつもりだ」

 一方でルノーのパワーユニットには、信頼性の問題が相次いで発生している。メキシコGPではルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、レッドブルのダニエル・リカルド、トロロッソのブレンドン・ハートレーがトラブルに見舞われ、完走を逃している。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、”容認できない”トラブルを早々に解決するための”明確な意図”があると語る。

「その面については、メキシコGPでは数多くのメカニカルトラブルが起き、困難を極めた。しかし迅速かつ力強い対策を採る、明確な意図がある」

 そうアビテブールは語った。

「メキシコの(標高が高いという)特殊性は、我々の弱点を強調することになった。しかし明確なのは、パフォーマンスと信頼性のバランスを取ることができなかったということだ」

「レースでの結果が示しているように、今年の我々のエンジンの性能は大幅に向上した。しかし、マックス(フェルスタッペン/レッドブル)がメキシコで優勝したとしても、今の我々は、自らとカスタマーチームのために信頼性の向上させなければならない」

「チームには自信が満ち溢れており、結束している。これは、今シーズンの最後まで進化を進めていくために必要不可欠なものだ。また、2018年の準備のためにも必要なこと絵ある。我々の組織は安定しており、堅牢かつ有能なのだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース