Formula 1 2018

ルノー、来季に向けて0.5秒速くなる"魔法"の予選モードを搭載すべく尽力

ルノーは2018年でメルセデスに対抗すべく、"魔法"の予選モードを搭載するために懸命に働いていると語る。

 ルノーのパワーユニットは他のライバルたちと対等に戦えていることが直近のレースで証明されているが、予選Q3でパワーブーストした時のパフォーマンスがまだ欠如していると考えられている。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスが持つグリッド上位を確保するための"魔法"の予選モードがルノーのエンジンにないと考えている。

「予選中に問題となるのは、高出力モードがないことだ。それがあれば0.5秒は前に近づくことができると確信している」

「マレーシアでの予選で、我々のマシンは誰よりも速かったのだ」

 さらにルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、予選中の問題はルノーの(エンジン部門の)拠点でもあるヴィリーで解決することができると確信している。

「来季は競争力のあるエンジンを用意することに全力を注いでいるわけではない。すでにエンジンには競争力があると我々は確信しているのだ」

「決勝では競争力を発揮できていると思うが、予選ではまだ足りていないというのは明らかだ。我々はいわゆる"魔法"のような予選モードを用意できていないため、それに注力しているのだ」

「来季に向けてエンジンの性能を高めるためにしっかりと煮詰めていく。もちろん決勝だけでなく予選でもエンジンが競争力を発揮できていると感じさせられるようにね」

 チームが予選のパフォーマンスを高める中、アビテブールが最も懸念しているのは信頼性の向上だという。今季ルノーは信頼性の欠如による問題をいくつか抱えた。

「まずは信頼性に集中しなければならない」

「今シーズンはパッケージ全体の信頼性の欠如によって多くのポイントを失ってしまった。非常に早いスピードで進化していくパッケージにチームが適応していけたかどうかということが直接関係してくるのだと私は考えている」

「我々は成長し、多くの人材を雇用している。その時最も影響として現れてくるのは信頼性の問題だ。まず短期的な目標としてそれを解決するつもりだ」

 【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース
Topic Formula 1 2018