ルノー、次世代エンジンへの”ゼロからの投資”は「恐怖」と語る

ルノーのアビテブールは、2021年にF1に導入される新しいエンジンを全くの白紙からデザインすることは”恐ろしい”ことだと語った。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、2021年に導入されるF1の次世代エンジンについて、レギュレーションの変更が技術的にリセットされるようなものにならないことが不可欠であり、新たにゼロからエンジン開発に関する投資を行うことはできないと語った。

 昨年末、F1の首脳陣は次世代のF1エンジン規則案を策定した。その中で、1.6リッターのターボエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせるというコンセプトを維持しながらも、複雑すぎるMGU-Hを廃止し、開発を制限した上でエンジンの回転数を引き上げることが提案された。

 新しいルールの詳細はまだ固まっていないが、ルノーのアビテブールは「もう一度最初からエンジン開発をやり直したくはない」とmotorsport.comに語った。

「これまでエンジンに関して行われた投資の額をみれば、平等な競争の場だとは言えないかもしれない。しかしエンジンはもはやシャシーにとってハンディキャップにはなっていない。なぜならそうなることが望まれているからだ。レースに勝てるかどうかという各チームの違いは、エンジンパートナーがまともな仕事をするかにかかってきている。率直に言って、それを最初からやり直すのはかなりの恐怖だ」

 ルノーは、以前採用されていたV8自然吸気エンジンルール時代の終盤、レッドブルと共に4年連続でドライバーとコンストラクターのダブルタイトルを獲得した。しかし2014年に現行の”パワーユニット”が導入されると、信頼性の問題が多発した上パフォーマンスも足りず、レッドブルから強い批判を受けた。一時は関係解消寸前まで両者の関係は悪化したが、現在はレッドブルがルノーのパワーユニットにタグホイヤーのバッジをつけて使用を継続している。

 現在のルールの下では、メルセデスが2014年以降の4年連続ダブルタイトル獲得。昨年フェラーリがメルセデスに対抗できるようになるまで、ほとんど敵なしの状態だった。

 また、アビテブールはF1の新しいオーナーであるリバティ・メディアがレギュレーションについての交渉を行う過程に問題はないと思っているようだが、ルノーとしてはF1の長期的な将来を保証するため、具体的な計画が必要だという。

「誰もが建設的な対話をしていて、迅速に解決に取り組んでいると感じる」とアビテブールは述べた。

「それでもやはり、2021年にF1がどうなるかが見えなければ、新しいエンジン開発に取り組むことはできない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース