ルノー、王者経験チームへのPU供給は”手はかかるが良い挑戦”と認める

ルノーは、チャンピオン獲得経験を持つチームへのパワーユニット供給は”手のかかる”状況になると認めた。

 今シーズンより、レッドブルとマクラーレンというタイトル獲得経験を持つ2チームへパワーユニット(PU)を供給するルノーは、厳しい環境になるが、両チームとの関係性にはポジティブなことの方が多いと認めた。

 V6エンジンを使用するようになって以降、ルノーはレッドブルとの厳しい関係性に耐えており、2017年限りでその姉妹チームであるトロロッソとの契約を終了することとなった。

 また2018年からルノー製PUを使用することになっているマクラーレンは、これまでの3シーズンはホンダ製PUを使用して苦戦し、公にホンダを非難していた。

 ルノーF1チームのアドバイザーを務めるアラン・プロストは、今年は良いシーズンを送ろうとマクラーレンがルノーに対して”ポジティブなプレッシャー”をかけてくるだろうと考えている。一方チームのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、レッドブルとマクラーレンというチャンピオン獲得経験を持つ両チームの期待をなんとかやりくりすることは、”チャレンジングなこと”だとmotorsport.comに語った。

「実際のところ、これらが手のかかるものであり、なんとかやりくりしていくような興味深いシーズンになるだろうということは受け入れているが、両チームとの関係性においてはネガティブなことよりもポジティブなことの方が多い」

「チャレンジングなことは、興味深いと思っている。しかしそれと同時に、その状況は全員に高いモチベーションを与える」

「素晴らしいチーム、そして魅力的なドライバーにエンジンを提供することに明確に誇りを持っている」

「またマクラーレンには経験という財産があり、我々にエンジン開発をプッシュする方法を示してくれるだろう。それだけではなく、我々には勝てるパッケージがあるということを確信させることも可能だろう」

「率直に言えば、私はそれを楽しみしている。激しい環境になるだろう。しかし良いチャレンジでもあるはずだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース