F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

ルノー、新たなアプローチを採用。”トラブルフリー”のテストを目指す

昨シーズン、多くの信頼性トラブルに見舞われたルノーだが、”新たなアプローチ”を採り入れることで前進を果たせると自信を持っているようだ。

ルノー、新たなアプローチを採用。”トラブルフリー”のテストを目指す
Renault F1 Team RS18
Renault F1 Team RS18
Renault F1 Team RS18
Renault F1 Team RS18 halo detail
Renault F1 Team RS18 front detail
Renault F1 Team RS18
Renault F1 Team RS18
Bob Bell, Renault Sport F1 Team Chief Technical Officer
Remi Taffin, Renault Sport F1 Engine Technical Director

 ルノーは2018シーズンに向けて新たなアプローチを採り入れることで、信頼性の向上を目指している。

 ルノーは、昨シーズン途中からパワーユニット(PU)の出力を上げたことでニコ・ヒュルケンベルグがトップ3チームに次ぐポジションを確保することも多かったが、その分PUの信頼性が不足しトラブルが相次いだことで好結果を逃していた。

 チームにとって、信頼性の向上はオフシーズンの重要課題だった。2018年マシンのR.S.18を公開した後、テクニカルチーフのボブ・ベルは信頼性をより確実なものにするために、今年はこれまでとかなり異なったアプローチをする必要があったと語った。

「我々には高い信頼性が必要だ」

「信頼性の向上に重点を置く必要があり、冬の間懸命にそれに取り組んできた。我々にはできるだけ信頼性の高いマシンが必要だ」

「それは、とても厳しい挑戦だ。我々が直面する最も難しい課題のひとつであり、パフォーマンスを追求する開発よりも難しいかもしれない」

「信頼性を改善するためには、完璧なモノだけを導入する必要がある。マシンに導入するパーツは最高水準に合わせて設計し、マシンを構築する必要がある。そして目的に合っているかダブルチェックを行う」

「昨年我々を苦しめた全ての問題を、新たなアプローチで根絶する必要がある。だが、スイッチを切り替えるようにそれを実現できるわけではない。十分に確立されたプロセスが必要だ」

 ルノーはすでに、プレシーズンテストでの走行距離で上位3チームに入るという目標を設定しているが、ベルはこの目標を達成することが極めて重要だと考えている。

「我々は、冬のテストをトラブルフリーで終えたい。そうすれば、マシンのパフォーマンスを検証し、前進していくことができる」

「それを実現するためには信頼性の高いマシンが必要であり、それはルノーR.S.18にとっての重要な目標のひとつでもある」

 2018シーズンは、全21戦をわずか3基のPUで戦わなければならない。ルノーはフランス・ヴィリーにあるエンジン部門の拠点で、1基のPUでこれまでより長距離を走るための準備を進めてきた。ルノーはテストベンチの結果を励みに、前進していくことを期待している。

 ルノーのエンジンチーフ、レミ・タフィンは次のように語った。

「昨年は、我々のPUを使用しているレッドブルが3回、表彰台の頂点に立つのを見た。だから、我々にも野望を達成する可能性があることは明らかだ。全体的にレベルアップしなければならないが、そうするために必要な要素はすべて揃っている」

「我々の最優先事項は信頼性だ。2017年の目標からさらにエンジン寿命を4分の1ほど引き延ばさなければならないので、さらに困難になるだろう。もちろん、そうなることは事前に分かっていたため、2018年の準備を2017年から進めていた」

「PU3基制限を念頭に置いて、2016年に2018年のPUを設計し始め、これまで以上に多くの時間をベンチでのテストに費やしている」

シェア
コメント
ルノーF1、ジャック・エイトケンをリザーブドライバーに任命

前の記事

ルノーF1、ジャック・エイトケンをリザーブドライバーに任命

次の記事

発表直後のマクラーレン新車、変化は控えめ? 開幕戦にアップデート計画

発表直後のマクラーレン新車、変化は控えめ? 開幕戦にアップデート計画
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble