F1
27 6月
-
30 6月
イベント 進行中 . . .
11 7月
-
14 7月
イベント 進行中 . . .
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
R
第13戦ベルギーGP
29 8月
-
01 9月
次のセッションまで……
5 days
R
第14戦イタリアGP
05 9月
-
08 9月
次のセッションまで……
12 days
R
第15戦シンガポールGP
19 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
26 days
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
33 days
R
第17戦日本GP
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
R
第18戦メキシコGP
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
61 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
68 days
R
第20戦ブラジルGP
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
82 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
96 days

レッドブルのホーナー代表「ピレリはバーレーンテストの経費を負担すべき」

シェア
コメント
レッドブルのホーナー代表「ピレリはバーレーンテストの経費を負担すべき」
執筆:
2016/10/12 12:21

レッドブルのクリスチャン・ホーナーは、ピレリがオフシーズンテストをバーレーンで行うことを求めるなら、その経費を負担するべきだと主張する。

Christian Horner, Red Bull Racing, Sporting Director
Pirelli tyres
Pirelli tyres
Pirelli tyre
Max Verstappen, Red Bull Racing with Christian Horner, Team Principal Red Bull Racing

 メルセデスは、2017年シーズンに向けたオフシーズンテストを、バーレーンで行いたいとの意向を示している。これは、タイヤサプライヤーであるピレリが、バルセロナよりもシーズン中のコンディションに近い温暖な地域でテストを行うことを希望しているからだ。

 この件についてはチームの意見が分かれている。そしてレッドブルは、ヨーロッパ以外でテストをすることは、小さいチームに対して”無責任”だと考えている。

 FIAは、なぜバーレーンでテストする必要があるのかを説明した、ピレリからの文書を持っているという。そして、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、そのための資金をタイヤサプライヤーが負担するか、テストを最初の数戦を戦った後に行うべきだと考えている。

「シナリオは実にシンプルだ」

 そうホーナーは説明する。

「ピレリがバーレーンでテストしたいと言うならば、我々が行うテストが全て終わってから行う必要がある。テスト用車両は、我々が準備し、現時点ですでにテストが実施されている。彼らが暑い気候で、自分たちの利益のためにテストしたいというのなら、彼らはそのコストを負担するべきだ」

「チームによって異なるだろうが、その物流のためのコストは、30万ポンド〜75万ポンド(約4000万円〜1億円)だろう。それをチームの負担にするのは、不公平だと思う」

「そして、最初の4レースを思い出してみればいい。メルボルンはかなり肌寒いだろう。中国は涼しいはずだ。そしてバーレーンはナイトレースだし、ロシアは寒いと思う」

「そしておそらく、最も賢明な解決策は、レースの後にバーレーンに滞在することだ。そして、バルセロナでシーズン中のテストを行うのでなく、バーレーンで行うんだ」

 ホーナーは、この件についてさらに議論するため、アメリカGPの際に会合を開くべきだと示唆した。

「私は、この件について議論するための会合は、オースティンで開かれると思う」

次の記事
チケット”売り切れ”を狙うメキシコGP。決勝日の来場者を12万人と予想

前の記事

チケット”売り切れ”を狙うメキシコGP。決勝日の来場者を12万人と予想

次の記事

ロズベルグ、2017年用F1タイヤを初テストも悪天候に見舞われる

ロズベルグ、2017年用F1タイヤを初テストも悪天候に見舞われる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Pablo Elizalde