F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
16 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
30 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
44 days

レッドブルのホーナー代表「ロズベルグがタイトル争いで負ける可能性もある」

シェア
コメント
レッドブルのホーナー代表「ロズベルグがタイトル争いで負ける可能性もある」
執筆:
2016/10/25 23:19

レッドブルのホーナー代表が、ロズベルグとハミルトンのチャンピオン争いについて語った。

Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
The podium (L to R): Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 with Victoria Vowles, Mercedes AMG F1 Partner Services Director and race winner Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1
Second place Nico Rosberg, Mercedes AMG F1, race winner Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid, Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid

 メルセデスのニコ・ロズベルグは、アメリカGPでチームメイトのルイス・ハミルトンに敗れた。しかしながら彼はまだ、ドライバーズランキングで26ポイント先行している。これは残り3レースを2位で終えれば、ハミルトンが全て勝ったとしても、ロズベルグが今季のタイトルを獲得することを意味する。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームのドライバーであるダニエル・リカルドをランキング3位にすることを目指している。しかし、彼にとって前方の状況は明確だという。

「ロズベルグが負けることだってあると思うよ。そうだろ?」

 そうホーナーは語る。

「ニコが残り3レースを2位で終えれば、ルイスにとってはタイムアップだ。しかし、何が起きるか分からない」

「パンクだって起きるし、リタイアするかもしれない。その時ハミルトンが勝てば、突然ポイント差は1に縮まるんだ」

 ホーナーは最終的にはハミルトンの方が心理的に楽な時間を有していると信じている。なぜならハミルトンには、勝利を狙い続けるしか選択肢はないからだ。

「ルイスにとってみれば、それはシンプルなこと。FAカップ(イングランドのサッカーのカップ戦)の決勝が3つあるようなものだ」

 そうホーナーは言う。

「彼は残りの3レースに勝つだけだ。そして、あとは他のクルマに何が起きるのか? それは彼にはコントロールすることはできない」

次の記事
メルセデス「ガレージに重いプレッシャーが蔓延している。皆まるでゴーストのようだ」

前の記事

メルセデス「ガレージに重いプレッシャーが蔓延している。皆まるでゴーストのようだ」

次の記事

またしてもブレーキにトラブル発生のハース。サプライヤーをブレンボから変更検討

またしてもブレーキにトラブル発生のハース。サプライヤーをブレンボから変更検討
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ニコ ロズベルグ 発売中
チーム メルセデス 発売中 , レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble