F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
17 時間
:
58
:
01
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
14 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
20 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
34 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
48 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
55 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
76 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
90 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
104 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
132 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
139 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
146 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
160 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
167 days
07 10月
次のセッションまで……
174 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
188 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
195 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
203 days
03 12月
次のセッションまで……
231 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
240 days

レッドブル代表、リカルドをベタ褒め「今やF1を代表する存在のひとり」

レッドブルのホーナー代表はリカルドを絶賛。オーバーテイクが素晴らしいばかりでなく、今やF1を代表するドライバーに育ったと語る。

レッドブル代表、リカルドをベタ褒め「今やF1を代表する存在のひとり」

 タイトルを争うメルセデスとフェラーリには及ばずとも、今季のレッドブルは、特にシーズン後半になるにつれ、高い戦闘力を示している。中でもダニエル・リカルドはここまで力強いシーズンを過ごしており、合計9回の表彰台登壇を果たした。大波乱となったアゼルバイジャンGPでは勝利を収め、計192ポイントを獲得。現在ランキング4位である。

 そのリカルドについてレッドブルのクリスチャン・ホーナーは、特にオーバーテイクの才能に感銘を受けていると語る。

「彼のレースにおける巧妙さは、実に素晴らしいと思う」

 そうホーナーはmotorsport.comに対して語った。

「彼が今年見せたオーバーテイクのうち、いくつかは”崇高”とも言えるものだった。またその他のいくつかは長い道程の末達成されたものだった」

「もしモンツァでのオーバーテイクを思い起こすなら、セパンでの(バルテリ)ボッタスへの動きもそこに含まれるはずだ。確かに日曜日の信頼性については、マックス(フェルスタッペン)よりも恵まれている部分もあった。しかし、彼は極めて素晴らしいドライビングをしている」

「彼はまだ学んでいる最中だ。そして、彼が今していることを楽しんでいるのを見ることができる。さらにマシンの技術的な面についても彼はとても優れている」

 ホーナーはまた、リカルドが現在のF1グリッド上で重要なキャラクターのひとりであり、レッドブルにポジティブなエネルギーをもたらすと信じている。

「彼はチーム内で、非常にポジティブなエネルギー源になっている。彼のイメージはレッドブルにとてもよく合っているし、その逆もまた然りだ。素晴らしい調和が取れているんだ」

「彼の人格も素晴らしい。もし彼が表彰台に上がれば、それは一気に楽しいものとなる。今や彼は、F1の大きな特徴のひとつになっているんだ」

「今の彼は、バランスのとれたドライバーである。1周のアタックも速いし、レースの組み立て方も秀でている。そして、クルマで何が起きているのかということもよく理解している。だからこそ、彼はそこにいるんだ」

「彼は我々と共に、とても力強いシーズンを過ごしている。彼は多くの表彰台を獲得した。我々のために、今シーズンここまでにそれを達成してくれたんだ。うまくいけば、残りのレースで彼はもっと良くなるだろう」

【関連ニュース】

シェア
コメント
元フェラーリのマルモリーニ、アストンのF1エンジン評価をサポート

前の記事

元フェラーリのマルモリーニ、アストンのF1エンジン評価をサポート

次の記事

マクラーレンオーナー、ホンダとの”離婚”は双方にとってプラスだと主張

マクラーレンオーナー、ホンダとの”離婚”は双方にとってプラスだと主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Adam Cooper