F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

レッドブル「クビアトにはガスリーやハートレーより才能があった」

レッドブルのヘルムート・マルコは、クビアトにはガスリーやハートレー以上の才能があったが、「その速さは失われた」と語る。

レッドブル「クビアトにはガスリーやハートレーより才能があった」

 レッドブルのレーシングアドバイザーであるヘルムート・マルコは、今季途中でレッドブルのプロジェクトを外されることになったダニール・クビアトについて「ブレンドン・ハートレーやピエール・ガスリーよりも才能がある」と考えているが、「そのスピードを失った」と語る。

 昨年途中にレッドブルを更迭され、トロロッソに降格させられたクビアト。トロロッソ移籍後もクビアトは精彩を欠いて結果を残すことができず、今年のマレーシアGPと日本GPのシートをガスリーに奪われることになった。アメリカGPでは一時復帰を果たしたものの、メキシコGPからは再びチームを追われ、最終的には前述の通り、レッソブルのプロジェクトから外されることとなった。

 クビアトについて、ガスリーやハートレーよりも才能があると思うかと尋ねられたマルコは、motorsport.comに対して次のように答えた。

「その答えはイエスだ。私はその意見に完全に同意する」

「しかし残念ながら、彼がそれを見せたのはトロロッソでの1年目とレッドブルでの2年目(2015年)のみだった」

「その後、彼のパフォーマンスは大幅に低下することになった。彼はブレーキとタイヤに悩みを抱えた。しかし、(ダニエル)リカルドはそれに悩まされなかった。要するに、何かが彼の精神的な部分に起きたのだろう。彼はスピードと気楽さを失ってしまった」

「その原因が何だったのか、我々には分からない。我々は多くのことを試みてみた。しかし、彼のスピードが戻ってくることはなかった。残念ながら彼に何が起こったのか、その明確な答えを見つけることができなかった」

「レースのスタート時には、あまりにも多くの事故を起こした。しかし彼はそれに対処することができなかった。彼は自分自身の殻の中に閉じこもり、誰かに助言を求めるようなこともなかった」

 レッドブルは、ジュニアフォーミュラ時代からクビアトをサポート。彼はフォーミュラ・ルノーAlpsシリーズとGP3でタイトルを獲得し、2014年にトロロッソからF1デビューを果たした。

 その後、セバスチャン・ベッテルがフェラーリに移籍したのに伴い、リカルドのチームメイトとして2015年にレッドブルに昇格。しかし翌年、序盤4レースを終えた段階で、マックス・フェルスタッペンにシートを奪われる格好となり、トロロッソに再度移籍した。

「実に悲しいことだ。私はGP3でのモンツァとスパのレースを覚えている。彼はそのレベルを完全に超越していた」

 そうマルコは語る。

「トロロッソでは、最後尾からスタートしたにもかかわらず、オーバーテイクを繰り返して順位を上げた2014年のイタリアGPもあった」

「その時の彼は、ブレーキトラブルが発生した時、(フェラーリのキミ)ライコネンを攻め立てていたんだ。彼はいくつか、驚異的なレースを見せたのだ」

 レッドブルを離れたクビアトは、ウイリアムズの来季のドライバー候補のひとりとして名が挙がっている。彼はセルゲイ・シロトキンの契約がまとまらなかった場合、最有力の候補になるとみられている。

Interview by Sven Haidinger

【関連ニュース】

シェア
コメント
ライコネン、”優勝への飢え”を語る「それが僕がF1にいる理由だ」

前の記事

ライコネン、”優勝への飢え”を語る「それが僕がF1にいる理由だ」

次の記事

来季のF1マシンはさらに速く!? ピレリ、2秒のペース向上を予想

来季のF1マシンはさらに速く!? ピレリ、2秒のペース向上を予想
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニール クビアト
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 Matt Beer