レッドブル、リカルド&フェルスタッペンとの契約延長を”熱望”

レッドブルは、ダニエル・リカルド及びマックス・フェルスタッペンと、2020年までの契約を交わしたいと考えている。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルド及びマックス・フェルスタッペンとの契約を、2020年いっぱいまで延長したいと考えていることを認めた。

 フェルナンド・アロンソやルイス・ハミルトン、そしてキミ・ライコネンなど、多くのトップドライバーの現在のチームとの契約は、2018年限りで切れることになっている(アロンソは、まだ来季の契約も締結していない)。そのため、2019年シーズンに向けては、各チームのドライバーラインアップが大シャッフルされる可能性がある。

 リカルドも2019年以降の契約を締結していないうちのひとりであり、メルセデスやフェラーリ入りの可能性も噂されている。しかしレッドブルのホーナー代表は、現在のコンビを維持していきたいと熱望しているという。

 リカルドについて、ホーナーは次のように語った。

「正確に言えば、彼は2018年末で契約期間が終わることになる。5年間の契約が満了することになるからね」

「しかし我々は、ふたりのドライバーを2020年まで維持していきたいという意思を明確に持っている」

 チームの意向が叶わず、もしリカルドが2018年限りでチームを離れることになった場合、次のアメリカGPから”リース”の形でルノーに移籍することが決まったカルロス・サインツJr.を呼び戻すこともできる

 サインツJr.を”リース”としたことは、レッドブルが現在のふたりのドライバーを必ずしも確保できないと考えていることを示していると言える。しかしホーナーは、ドライバー交代が起こるのは、理想的な姿ではないと語る。

「カルロスについては、既存のドライバーのうちひとりが、将来チームに残らない時のオプションとして、契約を維持したいと思っていた」

 そうホーナーは語った。

「しかし我々は、リカルドとフェルスタッペンのふたりに、今後もレッドブルのマシンに乗ってもらいたいと思っている。彼らはふたりとも、このチームにいることを楽しんでいる」

「ダニエルにとっての違いは、レッドブルでのキャリアで初めて、契約に終止符を打つ権利を彼が持っているということだと思う」

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、リカルドについて「ドライバー市場に出ている」と発言した。しかしこれについてホーナーは、チームがリカルドのチーム残留を”諦めた”ことを示唆するものではないと語った。

「ヘルムートは明確なことを述べただけだ。そして、彼(リカルド)が交渉するのは自由だ。しかし、我々が彼を求めていないということを意味するモノではない」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド , マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース