レッドブル、新車RB14の正式カラーリング発表。マットカラーを継続

レッドブルは、バルセロナで2018シーズンを戦うRB14の正式カラーリングを発表した。

 レッドブルは、2018年用マシン『RB14』の正式カラーリングを発表した。

 2月19日、レッドブルはRB14をオンライン上で公開したが、その際マシンは印象的な青いカモフラージュパターンのカラーに彩られていた。

 チームはこのカラーリングがスペシャル仕様であり、バルセロナテストで正式なカラーリングを発表するとしていた。

 バルセロナで改めて発表された正式カラーリングには、従来のように赤と黄色を用いたマットなカラーリングが採用されている。

「我々は先週、特別な”ディスラプション(創造的破壊の意)”仕様のアストンマーチン・レッドブルレーシング・タグホイヤーRB14を発表したが、この”ディスラプトブル”カラーリングは1度限りのスペシャルなモノとして企画された」と、レッドブルは説明した。

「今年は、マットなデザインを使用した3年目のシーズンとなる。しかしながら、全体的なテーマとしては、我々にとってのF1ルーキーシーズンだった2005年のRB1まで遡ることができる」

「我々はF1の中ではまだ比較的若いチームだが、過去13シーズンで我々特有の青、黄、赤のカラーリングの認知度は、自慢できるレベルになっている」

 ダニエル・リカルドがバルセロナテスト初日にドライブを担当。2日目にはマックス・フェルスタッペンがステアリングを引き継ぐことになっている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース