レッドブル「開幕戦で"メルセデスから0.5秒差"につけることが目標」

レッドブルは、開幕戦でメルセデスから0.5秒差以内だった場合、今シーズンのレースで勝利を狙うことができると主張した。

シェア
コメント
レッドブル「開幕戦で"メルセデスから0.5秒差"につけることが目標」
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Max Verstappen, Red Bull Racing, in the pit lane
Max Verstappen, Red Bull Racing and helmet
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14

 レッドブルは、開幕戦オーストラリアGPでメルセデスから0.5秒差以内だった場合、今シーズンのレースで勝利を狙うことができると主張した。

 レッドブルはドライバーラインアップや今年のシャシーの出来栄えについて自信を持っているが、彼らのマシンに搭載されるルノー製のパワーユニットがメルセデスに対抗することができるのかは依然として不明瞭なままだ。

 しかしオーストラリアGP開幕の前夜にレッドブルのオーナーであるディートリヒ・マテシッツは、冬の間に立てたチームの目標が達成されたどうかは関係なく、チームを評価することができる"指標"について明らかにした。

「我々はメルセデスとどれほどの差がついているのか、今までどのような準備をしてきたのかはわからない。しかしもし我々が(メルセデスから)0.5秒遅れているのであれば、シャシーやドライバー面で挽回することができる」

「もし1秒も遅れているのであれば、レッドブルは取り返せないほどの大幅なギャップをつけられているということになる。つまり私は、フェラーリとレッドブルはメルセデスに近いところにいると想像しているのだ」

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンもマテシッツの主張に同調し、メルセデスから0.5秒差以内につけるという目標はチームにとって重要な指標になると語った。

「昨シーズン、僕たちの競争力はどんどん高まっていった。うまくいけば開幕戦で、彼らに近づけると思う」

「メルセデスは依然として立ち向かうべきライバルだ。彼らはまだ非常に速いチームだろう」

「しかし昨年よりも今年は良いスタートを切ることができると思う。そして僕たちの差が0.5秒以内なら、確実にいくつかのサーキットで彼らと戦うことができるだろう」

 フェルスタッペンのチームメイトであるダニエル・リカルドは、メルボルンで良いスタートを切ることが、チームが持つ野望を叶えるのに必要不可欠なものであると語った。

「チームにとって開幕戦は重要だ。もし他のチームがまだ本調子でなければ、僕たちの野望が実現するだろうと僕は思う」

「良い開幕戦にすることができれば、今年優勝をかけて争うことができるということを示すことができると思う。だから序盤でうまくいくといいね」

 さらにマテシッツはレッドブルやその姉妹チームであるトロロッソの状況が12ヵ月前とは全く異なっていると言及した。

「昨年の序盤、エンジンだけでなく、シャシー面にも問題が発生していたことを認めなくてはならない」

「昨年の上半期は再開発を行わなくてはならなかったのだ。そして中盤から競争力を発揮することができた。しかし、今シーズンは違う」

「トロロッソはエンジンサプライヤーであるホンダとともに、着々と作業を進めている。そのホンダ製のパワーユニットの信頼性と出力はルノーと同等だ」

「レッドブルも素晴らしいマシンをテストへ持ち込むことができた。ルノー製エンジンはこれまで以上に速く、信頼性が高いように見える。しかし我々はまだテストベンチの結果がどれほど正確なのかわからない。総合的にみれば、昨年優勝したチームのエンジンとシャシーに近しいように思える」

Additional reporting by  Gerhard Kuntschik, Erwin Jaeggi and Andrew van Leuween.

メルセデス、予選モードの向上に自信「パワーを下げることはしない」

前の記事

メルセデス、予選モードの向上に自信「パワーを下げることはしない」

次の記事

ルノー、今季序盤の飛躍は期待せず。中盤以降のアップデートには自信

ルノー、今季序盤の飛躍は期待せず。中盤以降のアップデートには自信
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス , レッドブル・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble