F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
23 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
37 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
65 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
72 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
86 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
100 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
107 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
121 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
128 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
142 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
156 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
191 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
205 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
212 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
226 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
240 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
247 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
261 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
275 days
ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

レースごとにフロントウイングを変更するマクラーレン。シンガポール版も登場

シェア
コメント
レースごとにフロントウイングを変更するマクラーレン。シンガポール版も登場
執筆:
, Featured writer
協力: Matt Somerfield
2016/09/16 2:02

マクラーレンは、各サーキットに合わせてフロントウイングをモディファイすることにより、パフォーマンスの向上を追求し続けている。

 マクラーレンの開発は、最初に気流に当たるマシンのパーツであるフロントウイングが、いかに重要かを強調している。なぜならこのフロントウイングを通過した気流が、マシン全体に影響を与えることになるからだ。

 マクラーレンはレースごとに、上2枚のフラップの内側に入れられたスリットを変更している。このフラップの先端で作られる気流の渦は、車体中心線付近の乱れの少ない気流(Y250)に影響を及ぼすのだ。

 この渦は、気流の下流域にある多くのコンポーネントの性能に大きく関係している。しかし、サーキットでマシンが走った際、その効果を最大にするためには、速度域によってそのポジションを変更しなければならない。

 マクラーレンは、シンガポールGPのコースに最適な渦を生み出すため、このスロットを長く変更してきた。さらに、車体のヨーイングやウイングにかかる負荷によって形状が変化するのを防ぐため、フラップ間にサポート(◯で示した部分)を追加している。

 また、フラップ外側にはスリットが追加されている。これは、タイヤの正面に当たる気流を整流する効果を狙うもので、4番目のフラップに追加で設けられている(黄色で示した部分)。この部分に多くの空気を流すことができれば、マリーナベイ・ストリート・サーキットが求める気流のパターンを形作ることができるのだろう。

次の記事
マッサ、来年はWEC、DTM、フォーミュラEのいずれかに参戦?

前の記事

マッサ、来年はWEC、DTM、フォーミュラEのいずれかに参戦?

次の記事

アップデート不発のトロロッソ。シンガポールでも新旧両方のパッケージをテスト

アップデート不発のトロロッソ。シンガポールでも新旧両方のパッケージをテスト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント シンガポールGP
ロケーション シンガポール市街地コース
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Giorgio Piola