レースに"自信"を持つストロール「僕の課題は予選時のペースだ」

ウイリアムズのランス・ストロールは、2018年シーズンに向け、予選ペースの向上を課題として挙げている。

 ウイリアムズのランス・ストロールは、2018年シーズンに向け、予選ペースの向上を課題として挙げている。

 今季F1デビューを果たした、昨年のF3ヨーロッパ選手権王者のストロール。序盤戦では思うような結果を残すことができず、”ペイドライバー”などと揶揄された。

 しかし母国カナダGPで9位に初入賞すると、続くアゼルバイジャンGPでは大混乱となったレースを生き残り、F1での自身初表彰台となる3位に入賞してみせた。これも含め、ストロールは力強いレースを見せ、チームメイトのフェリペ・マッサから僅か3ポイント遅れのランキング12位でデビューシーズンを終えた。

 だが予選結果を見れば、ストロールはマッサに完敗。20戦中17戦にわたってチームメイトの後塵を拝しながら、スタートすることになった。

 ウイリアムズのチーフ・テクニカルオフィサーであるパディ・ロウは、予選での苦労がストロールのドライバーとしての成長を包み隠してしまっていると考えている。

「予選は僕の強みではなかった」

 ストロールはそうmotorsport.comに対して語った。

「難しい予選もあったし、鈴鹿のように不運なこともあった。レッドフラッグが出てしまったり、進路を妨害されてしまったから、それはカウントしない」

「でも確かに予選は、レースペースほど強力ではなかった。なぜなら僕はまだ1周全てにおいて、クルマと一体になれるというところまでは至っていないからだ」

「僕はまだタイヤとマシンを理解しようとしているし、うまく当てはまれるようにやっている。でも予選ではポイントを獲ることはできない。ポイントはレースにあるんだ」

「ポイントを獲得するのに役立つから、予選は週末において確かに重要な部分だ。それでも僕はポイントを獲ることができている」

 ロウは、ストロールの最大の課題となるのは、各予選セッションの序盤から目標としているペースを発揮することであると示唆していた。

 ストロールはその課題を解決するのを手助けするのはタイヤから伝わる情報であるという。

「レースはうまくいっていると思う。予選でプッシュしている時は、マシンと自分のパフォーマンスを最大限に出そうとしている。そこで僕は大きな制限を感じたり、それに夢中になりすぎて、良いラップタイムが出せなくなってしまったりしまう」

「でも僕はタイヤに挑戦することを楽しんでいる。それによって良いレースを展開できるようになったり、戦略に繋げられるようになったりすると考えている」

 ストロールは、自分自身がマシンから十分にパフォーマンスを引き出すことができていると自負しているようだ。

「レースで僕は全てを掌握できていると感じている。タイヤ管理ができているし、レースでのマシンバランスに満足している」

「自分がちゃんとレースをコントロールできているんだと感じているよ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ランス ストロール
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース