ロス・ブラウン、グリッド降格ペナルティについて「FIAと話し合う」

F1のスポーツ面を率いるロス・ブラウンは、F1の批判の的となっているグリッド降格ペナルティについて修正すべきと主張する。

 F1のスポーツ面のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、イタリアGPで約半数のドライバーが科せられ、F1における批判の的となっているグリッド降格ペナルティについて、今後議論する予定だと語る。

 イタリアGPでは、9人のドライバーがグリッド降格ペナルティを受けた。その数、合計で150グリッド。このペナルティによりスターティンググリッドを影響を受けなかったのは、ポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデス)のみだった。

 以前からブラウンは、グリッド降格ペナルティを改正したいとする意向を語っていた。そして今回のモンツァで起きたことにより、これを加速させる刺激となったと語る。

「これは検討する必要があるレギュレーションだ。なぜならこれは、ファンにとっては理解するのが難しいことだからだ」

 そうブラウンは、F1の公式ニュースレターで語った。

「いくつかのアイデアを持っている。そしてどう改善していくかについては、FIAと詳細に協議する必要がある」

 F1内で、モンツァで起きたことについて不満を抱いているのは、ブラウンだけではない。マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエも、グリッド降格ペナルティの再考を要望している。そしてその代替案として、金銭的な”罰金”が解決策になる可能性を示唆している。

「私はロスの意見に同意する」

 そうブーリエはmotorsport.comに対して語った。

「ロスは先週初めに、このペナルティを取り除きたいと言っていた。正直に言って、我々もそうすべきだと思う」

「クルマの何かやギヤボックスを壊した時、すでにペナルティを受けていることになる。だからそれはグリッドを決定する途中でペナルティを受けるべきではなく、ペースにのみ基づいているべきだだと思う」

「もし年間に3基か4基のエンジンを使える場合、エンジンを壊してしまえば自分を傷つけることになる。10基のエンジンを壊すようになるなら、スポーツ的なモノではなく、財政的なペナルティになる可能性もある」

ファンに感謝

 グリッド降格ペナルティが大きな論争を生んだにもかかわらず、イタリアGPに多くの観衆が訪れたことについて、ブラウンは喜んでいる。

「木曜日から日曜日まで、モンツァには18万5000人の観客が訪れた。これはこれまでの記録を15%以上上回った」

「素晴らしい数字だった。しかしさらに驚くべきことは、このスピードの”殿堂”における明らかな情熱だ。この歴史的なコースとイタリアのファンの熱意のおかげで、モンツァは本当に特別な雰囲気がある。また、多くの外国からのファンによっても、それは後押しされた」

 またブラウンは、次のように付け加えた。

「予選を見るために、雨の中待っていてくれた全ての皆さんにも、特別な感謝を捧げなければならない。長いこと待つのは簡単なことではなく、本当に感謝と尊敬に値する」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース