ロズベルグ、2017年用F1タイヤを初テストも悪天候に見舞われる

ニコ・ロズベルグは水曜日、バルセロナで2017年用のF1タイヤを初めて試したが、悪天候に妨げられてしまった。

ロズベルグ、2017年用F1タイヤを初テストも悪天候に見舞われる
Nico Rosberg, Mercedes F1 Team testing 2017-spec Pirelli tyres

 2017年用の”ワイド”F1タイヤ開発のため、メルセデスは水曜日から、カタルニア・サーキットでテスト走行を行っている。

 このテスト初日にはニコ・ロズベルグが登場。2017年用のプロトタイプF1タイヤを初めて試した。しかし午前中は気温が低く、午後は雨に見舞われてしまったため、生産的な1日にはならず、ピレリは有用なデータを取得するには至らなかった。

 とはいえロズベルグはこの日、午前中にスリックタイヤを履いて46周、午後にはフルウエットタイヤで14周の合計60周をこなした。

 このテストは木曜日も行き続き行われ、ルイス・ハミルトンがステアリングを握る予定になっている。ハミルトンにとっても、これが2017年用タイヤを試す初めての機会となる。

シェア
コメント
レッドブルのホーナー代表「ピレリはバーレーンテストの経費を負担すべき」

前の記事

レッドブルのホーナー代表「ピレリはバーレーンテストの経費を負担すべき」

次の記事

サインツJr.、旧式PUを使う来季のザウバーの苦闘を憂う

サインツJr.、旧式PUを使う来季のザウバーの苦闘を憂う
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ニコ ロズベルグ
チーム メルセデス
執筆者 Pablo Elizalde