F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
15 時間
:
07
:
45
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
7 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
21 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
35 days

ロン・デニス「バンドーンは売り物じゃない」と他チームに警告

シェア
コメント
ロン・デニス「バンドーンは売り物じゃない」と他チームに警告
執筆:
2016/05/27 16:16

マクラーレン代表のロン・デニスが、ストフェル・バンドーンに手をださないようにライバルチームに対して向けた警告は、同チームが2017年のレースシートに彼をラインアップしているという憶測に拍車をかけた。

Stoffel Vandoorne, McLaren Test and Reserve Driver
Stoffel Vandoorne, McLaren Test and Reserve Driver
Stoffel Vandoorne, McLaren Test and Reserve Driver
Stoffel Vandoorne, McLaren MP4-31 Test and Reserve Driver
Stoffel Vandoorne, McLaren MP4-31 Test and Reserve Driver

 ベルギー出身のバンドーンは、怪我をしたフェルナンド・アロンソの代役として急遽バーレーンGPに呼び出され、初めて運転するマシンで10位に入賞すると言う、衝撃的なデビューを飾った。

 バンドーンは昨年のGP2でシリーズチャンピオンとなり、今シーズンは更なる経験を積むため、日本でスーパーフォーミュラに参戦している。これらの経験は、2017年にF1へステップアップを図るための感覚を養うだろう。

 しかし、マクラーレンはフェルナンド・アロンソと2017年まで契約を結んでいるため、空く可能性が最も可能性が高いのはジェンソン・バトンのシートだ。バンドーンの有望性に対して、他チームが彼の引き抜きを画策することは容易に理解できる。そのため、マクラーレンはバトンを手放すと言う厳しい決断に直面することになるかもしれない。

 しかし、デニスは木曜日にモナコで「他のチームがバンドーンを獲得できる可能性はない」と明言した。

「ストフェルは非常に才能豊かで、知性溢れる勤勉な若いドライバーだ。彼は計り知れないポテンシャルを持っており、何よりもどうすれば勝てるかを知っている」デニスは説明した。

「彼は、マクラーレン・ホンダにとって必要不可欠な存在だ。他のチームが、彼を我々のチームから引き抜けるだろうと考えているとしたら、大きな間違いだ」

「2017年のドライバーラインアップに関しては、まだどうなるかは決まっていないが、ストフェルを手放さないことだけは確かだ」

 もし、マクラーレンがバトンを手放す事になったとしても、彼はグリッド上で最も経験豊富なドライバーのひとりのため、彼のキャリアが終わる事はないだろう。すでに、彼には2017年にウイリアムズへの移籍が噂されている。

次の記事
ロズベルグ「パワーを上げても、レッドブルとの0.6秒差は埋まらない」

前の記事

ロズベルグ「パワーを上げても、レッドブルとの0.6秒差は埋まらない」

次の記事

扱いにくい? ウルトラソフトの使い方が鍵:モナコGPフリー走行分析

扱いにくい? ウルトラソフトの使い方が鍵:モナコGPフリー走行分析
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble