ローランド「ウイリアムズと来季シート交渉中」と発表もチームは否定

ローランドの関係者は、ウイリアムズと2018年のシートについて交渉を行なっていると明らかにしたが、当のウイリアムズはそれを否定した。

 オリバー・ローランドの関係者は、ウイリアムズと2018年のシートについて交渉を行なっていると明らかにしたが、当のウイリアムズはそれを否定した。

 ウイリアムズは来シーズンに向けてランス・ストロールのチームメイトを決定するために、ロバート・クビサやダニール・クビアト、セルゲイ・シトロキン、ポール・ディ・レスタなどの候補者の評価を行なっている。そしてこれまで、今季F2を年間3位で終えたルノーの開発ドライバーのローランドがウイリアムズと交渉を行なっているという情報はなかった。

 しかし今週の金曜日、ローランドのチームは、次のような声明を行なっている。

「ルノーF1の開発ドライバーであるオリバー・ローランドは、ウイリアムズと2018年のドライバー契約について話し合いを行なっている」

「これまでウイリアムズには、25歳未満のドライバーを雇用するという選択がなく、現段階でウイリアムズのドライバーラインアップはまだ確定していない」

 さらにローランドは次のように語った。

「僕のチームは他のチームと同様、ウイリアムズと話し合いを行なっている。イギリスのチームにはイギリス人が合うはずだ」

「多くのドライバーが2018年のドライバー候補として上がっている。だから僕たちはこれから何が起こるのか様子を見てみようと思う」

 しかし、motorsport.comがウイリアムズにこの状況について訊くと、ウイリアムズは2018年のシート候補にローランドはいないと言い、そのような話題に関して議論は何も行われていないとコメントした。

 このようなコメントがあったが、実際にはリザーブドライバーなどの様々な選択肢も含めて両当事者の間で協議が行われているとみられる。

 ウイリアムズはリザーブやプラクティスセッションで起用するドライバー計画を確定する前に、レースドライバーのラインアップの決定を優先していると考えられる。

 チームは今後会議や分析を行うため、決定を急いでいないと主張している。

 motorsport.comからローランドに対しコンタクトを取ったところ、彼からのコメントはなかった。

 なおローランドは、先日鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラのルーキードライバーテストに姿を見せていた。当初マシンに乗る予定はなかったものの、2日目最後の1時間でSUNOCO Team LeMansのマシンに乗るチャンスを得て、急遽レーシングスーツに着替え、シート合わせを行った。しかしこのシート合わせがうまくいかず、結局走行を行うことはなかった。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー オリバー ローランド
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース