ワークス待遇は”贅沢”とトロロッソ「ホンダと組んだのは最高の決断」

105,269 見る

初の自動車メーカーワークス待遇を受け、2018年シーズンに挑むトロロッソ。トスト代表は「贅沢」と今の状況を表現した。

 今季からホンダ製のパワーユニットを使うトロロッソ。これは、2006年に始まった同チームの歴史において、初めてワークス待遇でグランプリに挑む1年ということにある。

 これについてトロロッソのフランツ・トスト代表は、「大きな違いがある」と語る。

「それは大きな違いだ」

 そうトストは語る。

「その恩恵は、クルマをデザインする段階で始まっている。過去に我々がパワーユニットを手にした時、そのサプライヤーは我々にこう言うんだ。『ご覧下さい。これがパワーユニットです。これがパイプで、これら全ての集合体になっています。ただ、あなたのマシンに取り付けるだけです』とね」

「今、我々のデザイナーたちは、ホンダのエンジニアたちと共に仕事をしている。例えばオイルタンクをエンジンの前に置いたらいいのかとか、シャシー内でベストなレイアウトは、空力を重視した方がいいのか、それともパイプなどの取り回しよりも場所が重要なのかとか……、そういうことを話し合って決めている」

「エキゾーストのシステムについてもそうだ。これは、マシンの空力に大きな影響を与える。またラジエターからの熱い空気をどう排気するかということも、マシンの耐熱性に影響を与える」

「これまではそういったことは、我々の側で解決策を見つけなければならなかった。しかし今ではホンダと議論を行っているし、来年のマシンにはさらに多くのことを期待している。この1カ月ほど、我々は来年のマシンに取り組んでいる。そしてシャシーにとって最適な方法でパワーユニットを配置する方法について、より良いアイデアが得られている」

「場所という意味でも、空力的側面でも、そして耐熱や重量配分という面からも、これはマシンの性能にとって重要な要素なのだ」

 トスト代表は、ホンダのワークス待遇について”贅沢”という言葉を使って表現した。

「我々の歴史の中で、こんなに”贅沢”な状況は初めてのことだ」

 そうトスト代表は語る。

「パワーユニットを、クルマにどう搭載するかということだけではないんだ。エンジニアたちがギヤボックスとパワーユニットのベンチでのテストを終えて帰ってきた時、笑顔が見られた。そして彼らは、『走っている時にマッピングを変更できるんですよ』と言った」

「これまでは、マッピングやその他すべてのことは、ブラックボックスに入っていた。そして我々は何もすることができなかった。我々が『たぶんコレの方が良い』とか『こっちの方が良い』と言ったとしても、彼らは『分かりますよ』と言うだけだった」

「しかし今では、我々にも影響力がある。そして『これを試してみよう』と言うことができる。おそらく、我々はパフォーマンスのアドバンテージを得ることができるだろう」

「トロロッソにとって、ホンダと協力することは明らかに最高の決断だった」

Interview with Oleg Karpov

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース