一時停止違反で呼び出されたベッテル、今季初めて叱咤される

ベッテルは、ピットイン前の一時停止義務を違反し、今季初めて叱咤を受けた。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ピットインの際、ボラードの左側で一時停止義務を違反したことでスチュワードに呼び出された。FIAのレースディレクターはフリー走行前にそれを指示していた。

 ベッテルは、ピットイン前に一時停止しているマクラーレンを邪魔に思い、ポラードの外側を走った。

 セッションの終了後、その事件について呼び出され、シーズン初めての叱咤を受けることとなった。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アメリカGP
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース