二輪と四輪で世界王者になったサーティース亡くなる。享年83

F1と二輪の双方で世界王者に輝いた唯一の人物、ジョン・サーティスが亡くなったことが分かった。83歳だった。

 ジョン・サーティースは、二輪の世界グランプリ最高峰クラスで4度のチャンピオンに輝き、その後F1に挑戦。1964年にはフェラーリを駆り、F1ワールドチャンピオンに輝いた。世界グランプリとF1の両方でチャンピオンに輝いたのは、このサーティースのみである。

 そのサーティースは呼吸器疾患のため2月から入院していたが、3月10日に亡くなったことが分かった。83歳だった。

 サーティースの家族は「亡くなったことを発表するのは大きな悲しみです」と声明を発表した。

「ジョンは愛すべき夫であり、父であり、兄弟であり、友人でした。彼はまたモータースポーツ界における偉大な人物のひとりで、最近までヘンリー・サーティース・ファウンデーションとバックモア・パーク・カート・サーキットで働いていました」

「信じられないほど親切で愛情のある男を失ったことを深く嘆くと共に、彼の驚くべき人生を祝福したいと思います」

「私たちにとって困難な時期を支えて下さり、そしてプロフェッショナルな仕事をしてくださったセントジョージ病院と東サリー病院のスタッフの皆さん全員に感謝したい」

「この数週間、彼に対して親切なメッセージを送ってくれた方々にも、感謝申し上げたい」

 

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー John Surtees
記事タイプ 速報ニュース