今季初入賞、6位のパーマー「次戦はもっと良くなるはず」

今季苦戦続きだったルノーのジョリオン・パーマーは、乱戦のシンガポールGPを生き残り、6位入賞を果たした。

 今季苦戦続きだったルノーのジョリオン・パーマー。金曜日にはカルロス・サインツJr.が来季チームに加入することが発表されたため、シートを失うこととなってしまった。

 そのパーマーは乱戦となったシンガポールGP決勝で6位フィニッシュを果たし、今季初入賞を果たした。

「今日はとてもハッピーだ! こういう日が来ることをずっと待っていたんだけど、今日は全てが良い場所に落ち着いた」

 そうパーマーはレース後にコメントした。

「スタート時の混乱があり、しかも大雨だったから、とてもトリッキーなレースだった。しかしその状況が、僕らをポイントが獲得できる絶好の場所に導いてくれた」

「僕らは良い戦略を持っていたんだ。そしてピットストップも良かったし、ウエットコンディションでのクルマは良かった。次のレースはもっと良くなるはずだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サブイベント Sunday Race
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー ジョリオン パーマー
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース