新車初走行のアロンソ「チームを誇りに思う」とファンへメッセージ

シェイクダウンを担当したアロンソは、新マシンにポジティブな印象を示し、厳しい作業を終えたチームを称えた。

 マクラーレン・ルノーのフェルナンド・アロンソは、金曜日に新車MCL33のシェイクダウンを担当し、マシンのポジティブな印象を語った。

 2月23日(金)に今シーズンを戦うマシン『MCL33』を発表したマクラーレンは、フィルミングデーを利用してシェイクダウンを行った。走行を担当したアロンソは、今後のルノー製パワーユニットを搭載しての走行にポジティブな印象を示した。

 ファンへのメッセージを求められたアロンソは、「良き時代の到来だ。これがメッセージだよ」と答えた。

「これまで僕たちは苦戦が続いていた。でもとても高いところでモチベーションを保ち続け、チームは3年前よりも強くなった」

「”すべての経験は人を強くする”ということだ。この数年間でチームは大いに団結し、とても強いチームになった。最初のレース結果がどうなるか、じきにわかるだろう」

 シェイクダウンではコース上にカメラが入り、比較的低速での走行となったが、作業を終えたアロンソはフィーリングの良さを語った。

「最初にマシンをドライブするときというのは、いつも特別な瞬間だ。全てが申し分ないと感じられた。フルスピードで通常の走行を行うのが楽しみだ」

「今回はカメラが入ったり、他に何台か車が走っていたり、撮影用の道具を搭載していたのでフルスピードではなかった。でもスポンサーにとっては十分だろう」

「僕たちにとっては、シートやペダルの感覚、そういったものの快適さを初めて感じることができた日だった。スタッフは温度などを確認できたし、おそらく僕たちに必要なボディワークの修正があると思う」

「感情的な部分にも良かったことはある。数カ月に及ぶファクトリーでの集中的な作業を終えて、僕はチームのことを誇りに思っている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース