動向に注目集まるフェルスタッペン「全ては2018年のF1を見て決める」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルがホンダPUを使うことになっても問題ないと語り、自身の将来は2018年のF1を見て決めるという。

 パワーユニット(PU)関係の一連の”騒動”が、マクラーレンとトロロッソがPUを交換するという形で落ち着きそうだが、その余波のひとつとしてルノーとレッドブルの関係も終わりを迎えそうだと言われている。

 ルノーが、レッドブルへのPU供給を来シーズン末で打ち切ることを決定したようだ。つまり、ホンダが今後18カ月間でどれだけ進歩するかに関係なく、レッドブルは2019年からホンダ製PUを搭載せざるをえない状況になっている可能性がある。

 一方、今季ルノー製PUに関連するトラブルに数多く遭遇し、不満を募らせているマックス・フェルスタッペンの今後にも注目が集まっている。彼は2019年末までレッドブルと契約をしているが、その契約には途中でチームを離れることができるオプションが存在していると考えられている。

 レッドブルがホンダ製PUへスイッチした場合、競争力に大きな影響が及ぶ可能性もあるが、フェルスタッペンは現時点ではあまり心配していないと語った。

 ホンダPU搭載の可能性が高まったことで、今後について考えは変わったかと訊かれたフェルスタッペンは「それ(PUのスイッチ)は2019年のことだ」と答えた。

「色々と考慮していて、まだ決定はしていない。来年はレッドブル・ルノーでドライブすることがわかっているんだ。どうなるか見てみよう」

「まず、2019年に僕が何をしているか、見極める必要がある。僕はそれについて心配していない。2018年の開幕に焦点を当てて、自分たちにどれくらい競争力があるか見ていきたい」

 フェルスタッペンは、ホンダ製PUを手に入れられる状況にある中で、ルノーがこれ以上レッドブルとの関係を継続しないと決定したことを心配するのは”時間の無駄”だと考えているようだ。

「来年のホンダが、非常に競争力が高いことだってありうる。だけど、将来的にどうなるかはわからない」

「だから、僕たちはどうなるか見てみなければならないんだ。2018年の開幕で何が起こるか、見てみたい」

シンガポールでのチャンス

 フェルスタッペンは、タイトなストリートサーキットで争われるシンガポールGPで、レッドブルにはチャンスがあると自信を持っている。

「マシンが今ほど良くなかったモナコでの位置を考えると、僕たちはかなり競争力があると思う。レースでは特にね」

「だから、今週末をすごく楽しみにしている。僕たちが強さを見せる可能性もあるけど、同時に的確にセットアップをする必要がある。僕たちは、”脅威”になることができると思うよ」

 メルセデスを倒すことができるチャンスについて訊かれたフェルスタッペンは「それを”パーセント”で表すのは難しい。もし全てを適切にこなせれば、チャンスはあると思うよ」と答えた。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース