厳しい燃料節約を強いられたライコネン「全くレースにならなかった」

フェラーリのライコネンは、アブダビGPのレース中、厳しい燃料節約をしなければならなかったことで”レースにならなかった”と語った。

 フェラーリのキミ・ライコネンは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)を抑えきり、アブダビGPを4位でフィニッシュ。リタイアしたダニエル・リカルド(レッドブル)を逆転し、ドライバーズランキングでも4位となった。

 しかしライコネンは、アブダビGPの舞台であるヤス・マリーナサーキットは大幅な燃料節約を必要としたため、レースを楽しめなかったと語った。

「正直に言ってレースの間ずっと、かなり燃料を節約していた。後ろのドライバーを抑えながら、レースの最後まで走れるだけの燃料を確保しようとしていたんだ」

「僕たちはまずまずのマシンを持っていたが、このようなことをしなければならない時は、マシンが良くても関係がない」

「ルールはルールだが、実際のところレースをしているような感じではなく、ただ使用が許されているだけの分の燃料を使い、毎周クルーズをしているようなものだ」

 チームメイトのセバスチャン・ベッテルは、ピット作業の後から燃料を節約しなければならなかったという。これにより前を走るメルセデスの2台を追うことができず、最終的にレースを優勝したバルテリ・ボッタス(メルセデス)から19秒以上の差をつけられての3位どまりだった。

 シーズンの締めくくりとしては残念な結果だったものの、ベッテルはシーズンを通したメルセデスとの戦いには満足しているという。

「今日の僕たちには十分な速さがなかった」

「チャンピオンシップで2位になったことが残念だとは思わないが、それは僕たちが望んでいたものではない」

「全体的に、僕たちはすごく良い走りを見せていた。僕たちが望むような結果を得るために、数え切れないほど多くのモノが欠けていたとは思っていない」

「フェラーリのドライバーとしては、リラックスする時間なんてない。今季の幕を降ろすためには、クリスマスまでにやるべきことがかなりある」

「今季の教訓をすべて拾い上げようとしている。僕たちは次の一歩を踏み出し、より良い形で来年に臨もうとしているんだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第20戦アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー キミ ライコネン
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース