F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

周回遅れにイライラしたフェラーリコンビ。それでも「結果には影響なし」

ベッテルは、レース中はイライラしていたにもかかわらず、バックマーカーを擁護している。

周回遅れにイライラしたフェラーリコンビ。それでも「結果には影響なし」
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H and team mate Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H battle for position
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H battle for position with Sergio Perez, Sahara Force India F1 VJM09 and Jolyon Palmer, Renault Sport F1 Team RS16
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H and Sergio Perez, Sahara Force India F1 VJM09 battle for position
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、日本GPの決勝中にラジオで周回遅れのマシンに不満を述べ、それらのマシンを追い抜く際に、マシンを左右に振る場面も見られた。

 しかしレースの後ベッテルは、サーキットの性質上、バックマーカーはもっと良い仕事はできなかっただろうと語った。

「マシンの中で本当にイライラしていた。今日、僕が前のマシンに追いついた時は、毎回そう思っていた。実際は、前にいたマシンはあれ以上に良い仕事はできなかっただろう」とベッテルは語った。

「鈴鹿には連続したコーナーが多くあって、トラックのその部分にいる時は、前のクルマを追い抜くことは期待できない」

「つまり、多くのタイムを失うってことだ。もしストレートで前のマシンに追いついたら、また別の話だ」

「僕たちは今日、おそらくラッキーな方ではなかったと思う。大体において、周回遅れのマシンを抜くのが簡単ではなかったし、いい場所で走るのが難しかった」

 ベッテルは表彰台に上がれず、4位でフィニッシュした。周回遅れのマシンの後ろでタイムを失ったことは、この結果には影響していないとベッテルは主張した。

「結局、僕らのソフトタイヤのデグラデーションが大きすぎたんだ。レース終盤、表彰台に上ったドライバーたちとは10秒から14秒ほど離れている。このギャップは大きすぎるよ」と彼は付け加えた。

 5位でフィニッシュしたチームメイトのキミ・ライコネンも、周回遅れのマシンに対して不満を感じていたドライバーだ。

「何人かのドライバーが、スローダウンし僕を前に出してくれたのは確かだ」とライコネンは語った。

「彼らが時々バトルをしているのはわかっているが、後ろから来たマシンをパスさせることは難しくない」

「当然、彼らはタイムを失うだろうが、周回遅れならそれもレースの一部だ。鈴鹿のようなトラックなら、おそらく後ろについたマシンの方が、大きく影響を受けるだろう。そんなの正気じゃない。(譲ってくれなければ)まるまる1ラップも、彼らの後ろについてしまうことになる」

「それでも、僕らのレースは変わらなかったと思う。スタートした場所が問題だった」とペナルティを受け、8番グリッドからスタートしたライコネンは語った。

シェア
コメント
ハーバート、バッシングを受けるハミルトンに理解。「ルイスの気持ちは分かる」

前の記事

ハーバート、バッシングを受けるハミルトンに理解。「ルイスの気持ちは分かる」

次の記事

ホンダ長谷川総責任者「何も為す術なく終わってしまった」:F1日本GP

ホンダ長谷川総責任者「何も為す術なく終わってしまった」:F1日本GP
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP
ロケーション 鈴鹿サーキット
ドライバー キミ ライコネン , セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
執筆者 Pablo Elizalde