国歌斉唱”欠席”で戒告処分のベッテル「処分はジョークかと思った」

日本GPで国歌斉唱に遅れて戒告処分を受けたベッテルは、この処分は”ジョークかと思った”と話した。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、日本GPの国歌斉唱セレモニーに遅れて出席したため、戒告処分を受けていた。ベッテルはその処分について「ジョークかと思った」と語った。

 日本GPの決勝レース前、ベッテルのマシンにはスパークプラグのトラブルが発生したため、メカニックたちはそれを解決しようと全力で作業を行なっていた。その間ベッテルはグリッド上でマシンのそばに留まり、国歌斉唱のセレモニーを”欠席”した。

 ベッテルは今年のモナコGPの予選ででピットレーン出口の白線を横切ったため、すでに一度戒告処分を受けており、これで今年2度目の戒告処分となった。また戒告処分を3回受けると10グリッド降格ペナルティを科されることになっているため、ベッテルはまた一歩ペナルティに近づいてしまった。

 これについてベッテルは、スチュワードはもっと同情することができたはずだと考えている。

 木曜日、オースティンでこの件について訊かれたベッテルは、「僕には理解できない」と語った。

「もちろん僕は少し遅刻した。だけど国歌の中盤には指定の位置にいた。戒告処分を受けると聞いたときは驚いたよ」

「ルールは明白だ。でも……おそらく、僕は彼らの横で”プッシュする”べきだったんだ。作業が終わるまでにトイレに行くんじゃなくてね!」

「ジョークかと思ったけど、でも大丈夫だ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース