F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベント 進行中 . . .
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
6 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
13 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
28 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
34 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
41 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
55 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
62 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
83 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
111 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
118 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
132 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
146 days

マクラーレン計161周、ハミルトン首位。トロロッソ合計走行距離トップ

シェア
コメント
マクラーレン計161周、ハミルトン首位。トロロッソ合計走行距離トップ
執筆:
2018/03/01 22:38

バルセロナ合同テスト4日目は、天候が回復し各車が精力的に周回。その中でメルセデスのルイス・ハミルトンがトップとなった。

Barcelona test 1 - total mileage
Best lap per driver
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR13.
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Sergey Sirotkin, Williams FW41
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14 in the gravel
The Red Bull Racing RB14 of Max Verstappen returning to the pits
Marcus Ericsson, Alfa Romeo Sauber C37 in the gravel
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR13

 バルセロナのカタルニア・サーキットで行なわれた1回目の合同テスト最終日は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 これまでの3日間は悪天候が続いていたバルセロナ。この日もあいにくのウエットコンディションでセッションがスタートしたが、雪のせいで失われた3日目の分を挽回すべく、各チームが積極的に走行を行った。

 現地時間の昼過ぎにはインターミディエイトタイヤが使えるコンディションとなり、30分後にはスリックタイヤも使えるほどに路面が乾いていった。

 最終的にトップタイムを記録したのはハミルトン。ミディアムタイヤを使い、1分19秒333を記録した。このタイムは4日間のテストで最速タイムとなる。

 ストフェル・バンドーン(マクラーレン)は、各チームがスリックタイヤを履き出したタイミングで、今年から導入されるハイパーソフトタイヤを投入。このタイミングで記録したタイムで2番手となったが、ハミルトンとは0.5秒のタイム差がある。

 3番手には、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがつけた。彼はドライでの走行のほとんどでソフトタイヤを使用している。

 マクラーレンやメルセデス、ルノー、ウイリアムズ、ザウバーはこの日、セッションの途中でドライバーを交代している。

 それは、天候が大幅に改善されたためだろう。これまでの3日間は気温がとても低かったが、この日は気温が13~15度と大きく上がっている。そのためレギュラードライバー計20人中、15人がこの日走行を実施。なお、ウイリアムズのセルゲイ・シロトキンだけはスリックタイヤでのタイム計測が出来ておらず、最下位となっている。

 トラブル続きでこれまであまり走行距離を重ねられていなかったマクラーレンも、バンドーンが110周を走行しフェルナンド・アロンソにバトンタッチ。アロンソは51周を走破している。

 一方のトロロッソは、ピエール・ガスリーひとりがテストを担当。2レース以上の距離に当たる147周を走りきっている。

 各チームが順調にマイレージを伸ばしていった中で、トラブルに見舞われたのはレッドブル。マックス・フェルスタッペンは午前中のほとんどをガレージの中で過ごし、初めてタイムを計測したのは午後12時30分頃だった。

 主にミディアムタイヤを使用し35周を走行したフェルスタッペンだが、ソフトタイヤを使用しアタックへ。セクター2まで良いペースを刻んでいたものの、ターン12でグラベルに飛び出し赤旗掲示の原因となってしまった。

 マシンはレッドブルのガレージに戻されたが、フェルスタッペンは走行を再開することなくこの日のセッションを終えている。

 バルセロナで4日間行われた1回目のオフシーズン合同テストはこれで終了。チームごとの走行距離で見れば、トロロッソが合計324周で306周のメルセデスを上回りトップとなっている。

 2回目のオフシーズンテストは、同じくバルセロナで3月6日(火)からスタートする。

バルセロナ合同テスト4日目:タイム結果

PosDriverTeamTimeGapLaps
1 Lewis Hamilton Mercedes  1m19.333s   69
2 Stoffel Vandoorne McLaren  1m19.854s 0.521 110
3 Sebastian Vettel Ferrari  1m20.241s 0.908 120
4 Kevin Magnussen Haas  1m20.317s 0.984 96
5 Fernando Alonso McLaren  1m20.929s 1.596 51
6 Carlos Sainz Renault  1m20.940s   1.607 60
7 Lance Stroll Williams  1m21.142s 1.809 54
8 Sergio Perez Force India  1m21.973s 2.640 65
9 Max Verstappen Red Bull  1m22.058s 2.725 35
10 Pierre Gasly Toro Rosso  1m22.134s 2.801 147
11 Nico Hulkenberg Renault  1m22.507s 3.174 49
12 Valtteri Bottas Mercedes  1m22.789s 3.456 60
13 Charles Leclerc Sauber  1m22.808s 3.475 59
14 Marcus Ericsson Sauber  1m23.825s 4.492 79
15 Sergey Sirotkin Williams  1m31.979s 12.646 47
次の記事
鈴鹿サーキット、史上初のF1公認「リアル謎解きゲーム」を開催

前の記事

鈴鹿サーキット、史上初のF1公認「リアル謎解きゲーム」を開催

次の記事

マクラーレン”300円”のボルト破損を嘆く。最終日には別の問題も発生

マクラーレン”300円”のボルト破損を嘆く。最終日には別の問題も発生
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Barcelona February testing
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
執筆者 Glenn Freeman