契約保留中のリカルド、フェルスタッペンとの公平な扱いをチームに期待

フェルスタッペンがレッドブルと新しい契約を結んでいるにもかかわらず、リカルドは彼と公平に戦えると期待しているようだ。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、まだチームとの契約を延長してはいないが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンと公平に戦うことができると期待している。

 リカルドは、現在の契約が2018シーズン末で切れるがまだ契約延長を保留している。2019年にメルセデスやフェラーリのシートに空きが生じる可能性もあるため、彼は将来についての決断に時間をかけるつもりだと明言している。

  一方のフェルスタッペンは、すでに2020年末までチームに残るという新たな契約を結んでいる。チーム代表のクリスチャン・ホーナーは彼と契約を結ぶ前に、フェルスタッペンが長期的にチームに残るよう求め、彼中心にチームが出来ていると語っていた。また、ホーナーはリカルドについてもチームに留めておきたいとコメントしている。

 もしレッドブルのマシンに十分な戦闘力があれば、2018年のタイトルを争うための条件は全て揃っているかと問われたリカルドはmotorsport.comに次のように答え、フェルスタッペン中心のチーム作りが進んでいると言った件について、ホーナーから”釈明”を受けたと明かした。

「そうだ。率直に言ってそれで完璧だ」

「このコメントは、君たちが聞きたかったモノではないよね。僕はクリスチャンのコメントを報道では見なかったけど、後になってそれを知ったんだ」

「彼が僕のところに来て、その件については解決している。彼は『文脈が無視されていたわけではないが、君があのコメントを見てそのまま理解されたくはなかった。お願いだ。私はあんな風に君に考えて欲しくない。我々は君たちふたりのために戦っているんだ』と言った」

「マックスは、最後の数レースでアップデートされたエンジンを手に入れた。だけど、これまででふたりの違いはあれだけだ」

「僕は何も心配していない。もし何かを懸念しているなら、すでにそれについて喋っている」

 リカルドはホーナーの説明を受け入れ、2018シーズンに最高の仕事をすることに集中していると語った。

「たとえ相手のエンジンの方が0.1秒速くても、僕が0.2秒速く走ればいい。もし僕に十分な速さがあれば、とにかく彼(フェルスタッペン)を倒すよ! 僕には自信がある」

「もし僕が先頭にとどまりたいなら、ずっと完璧でいなくてはならないということは分かっている。2017年、決勝日の僕はだいたい良かった。レーサーとして僕はすごく自信を持っているし、確たる意志を持っている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド , マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース