F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
5 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
19 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
25 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
39 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
53 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
60 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
74 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
81 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
95 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
109 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
137 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
144 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
151 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
165 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
172 days
07 10月
次のセッションまで……
179 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
193 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
200 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
208 days
03 12月
次のセッションまで……
236 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
245 days

「少し感傷的だ」リカルド、マレーシアGPの勝利をビアンキに捧ぐ

ダニエル・リカルドは、マレーシアGPの勝利をジュール・ビアンキに捧げると語っている。

「少し感傷的だ」リカルド、マレーシアGPの勝利をビアンキに捧ぐ
Banners of tribute for Jules Bianchi
Podium: Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12 and team mate Max Verstappen, Red Bull Racing RB12 battle for position
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12 leads team mate Max Verstappen, Red Bull Racing RB12
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing

 マレーシアGPで2年ぶりの勝利を挙げたレッドブルのダニエル・リカルドは、2014年の日本GP決勝で事故に遭い、逝去してしまったジュール・ビアンキに勝利を捧げると語っている。

 リカルドはチームメイトのマックス・フェルスタッペンを率い、エンジントラブルに泣いたルイス・ハミルトンのリタイアにも助けられ、レッドブルの1-2フィニッシュをマレーシアで達成した。

 この勝利は、2014年のベルギーGP以来の勝利。つまり、ビアンキが亡くなって以降最初の勝利である。

「なんて日だ。今はとても疲れているよ」

 リカルドはそう語った。

「(シャンパンを)飲む間隔が、だいぶ長く開いてしまったね。レース後に1勝したいと話してから、たった2週間だ。そして、その次のレースで僕らが勝ったんだ」

「モナコ以来、僕は今年中に1勝できると信じ続けてきたんだ。そして、それを実現できた。ちょっと感傷的になっている。ウソじゃないよ。圧倒的な、たくさんの感覚が渦巻いている。僕は心から感謝しているよ」

「僕もこの1勝をジュールに捧げたいと思う。僕は勝利を待ち望んでいた。彼に勝利を捧げたかったんだ」

「あの事故以来、僕の人生は間違いなく変わった。僕は心から感謝している。すべてのことに感謝だ。そして、彼にこの勝利を捧げるよ」

シェア
コメント
ハミルトン、レース後会見中止「僕に勝ってほしくないと思っている人がいるようだ」

前の記事

ハミルトン、レース後会見中止「僕に勝ってほしくないと思っている人がいるようだ」

次の記事

自由なバトルを許したレッドブル。リカルドは”フェア”なバトルに感謝

自由なバトルを許したレッドブル。リカルドは”フェア”なバトルに感謝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント マレーシアGP
ロケーション セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー ダニエル リカルド , Jules Bianchi
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Jamie Klein