打倒ビッグチーム。ウイリアムズ、ニューマシンFW41で”変革”を目指す

ウイリアムズのパディ・ロウは、新車FW41で変革を起こしトップ3を含めたビッグチームに対抗することが目標だと語った。

 ウイリアムズは15日、2018シーズンを戦う新車FW41の実車画像を公開した。テクニカルチーフのパディ・ロウはこのマシンで、ビッグチームに対抗していくことを目標としていると語った。

 FW41はロウがメルセデスからチームに移籍してきて以来、彼の影響を完全に受けて設計された最初のマシンとなる。

 2017年に空力などのレギュレーションが大幅に変更されてから、2年目となる2018シーズンはメルセデスやフェラーリ、レッドブルといったトップ3チームに加え、ルノーやマクラーレンといった大規模な予算を持つチームが勢いを増すと考えられている。

 しかしロウは、ウイリアムズも十分に進歩を遂げており、チームは大胆な野心を持っていると述べた。

「我々は進化するだけではなく、”変革”を達成しようとしている」と、ロンドンでの新車発表イベントでロウは話した。

「2017年は、トップグループと比べて1ラップあたり2秒ほど遅かった。我々はその差を大幅に縮めることを狙っており、そのためには大きな一歩が必要だ」

「我々はトップグループに加わりたいと考えている。しかしそこでは途方もない競争が行われていることは理解している」

「間違いなく、トップ3チームは良いポジションにいる。昨年はフォースインディアが素晴らしい仕事をした結果、我々は彼らにコンストラクターズチャンピオンシップで遅れを取ってしまった」

「マクラーレンもこれまでと異なるエンジンを搭載し、脅威になるだろう。ルノーも抜け出してくるはずだ。だから我々は9チームのうち、6チームとはすでに競争をしていることになる」

チーム内目標は達成済み

 ロウはマシンがどれだけ進歩したかについて、ファクトリーから送られてくるデータを見て勇気付けられていたと明かしたが、その進歩が十分かどうか、チームが良い仕事をしたかどうかはレースが始まってみないと分からないと気を引き締めた。

「大まかに言って、我々は目標を達成した。しかし、常に最後までプッシュを続ける」と彼は付け加えた。

「我々は今、トンネルの中にいるんだ。”最初のレースでライバルを倒すことができるか?”という疑問を抱きながら進むしかない」

「チームとして当初設定した目標には到達したが、注意すべきことがいくつかある。それらの目標は十分に野心的なものだったのか? それをうまくコース上で発揮できるのか? それらを実際に確認しなくてはならない」

「我々が計測できるのは、絶対的なパフォーマンスだけだ。他のチームが何をしているのかは予測できないので、自分たちの順位を予想したくはない。我々は、昨年ポールポジションを獲得したドライバーたちと比べて、どれだけラップタイムを稼ぐことができたかを見たいんだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース