新規則案に反対のフェラーリ「F1に代わるショーを作る案がある」

マルキオンネは、"F1を撤退するとフェラーリが空威張りしている"と考えている人たちに対し、フェラーリは本気であると警告した。

 フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネは、F1を撤退するとフェラーリが"空威張り"していると考えている人たちに対し、フェラーリは本気であることを警告している。

 これまでマルキオンネは将来のF1レギュレーションがフェラーリにとって納得いくものでなければ、フェラーリはF1から撤退すると主張してきた。

 しかしフェラーリがF1に対してこのような警告をするのは今回が初めてのことではないため、フェラーリがF1を離れることは決してないと考える関係者もいる。マルキオンネはそのような人たちに対し、依然としてこれが真面目な話であると述べた。

「一部の人はフェラーリが2020/21年のレギュレーション案に対し空威張りで反対していると言っているが、それは間違いだ」とマルキオンネ。

「2015年とは状況が違っている。この瞬間から我々が何か警告した場合は、本当にそれを実行する可能性があることを後々知ることになるだろう」

「最近での我々の大きな利点のひとつは、現行のコンコルド協定(各F1チームとF1間で結ばれている契約)が以前よりも大きく変わっており、リバティ・メディアとの契約であっても、これまでよりも大きな契約上の自由が確保されているという点だ」

「つまり以前の契約では、チームはF1以外の代替策を評価することはできなかった。しかし今となっては、F1に似たショーを作ることができるかどうかを検討することができる」

 マルキオンネは、F1に代わるシリーズを創造することは、F1チームが集結すれば実現可能な選択肢であると考えている。

「2020/21年にF1に代わる新しいシリーズを作ることも可能だ」

「我々はその可能性を捨てていないが、できればそうならないようにすることを私は勧める」

「私はF1を継続したい。しかし今は、レースにおいてフェラーリのDNAを示すことができないレギュレーションが適応されようという中で、フェラーリがF1を離れないための妥協点を探さなければならない状況にある」

「もし我々が妥協点を見つけられなかったのなら、フェラーリはF1から去ることになる。もしフェラーリが他のチームを引き連れることができ、経済的な観点を共有することができるのであれば、我々はF1に代わる新しいシリーズを創造することができると考えている」

 さらにマルキオンネは、今後F1の技術を簡素化させようとしているリバティ・メディアに"悩まされている"と語った。

「私を悩ませる人物がリバティ・メディアにいる。それはF1のDNAとは違った方向にスポーツを持って行こうとしているロス・ブラウンだ」

「我々はF1の歴史の一部であるため、正しいF1像を理解している」

「我々は自分たちの収益とリバティ・メディア側の収益のバランスを取らなければならない。それでも私はF1からフェラーリが去らないような形に話を合わせることができると考えている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース