新PU投入のアロンソ、水漏れで旧スペックに交換

アロンソはベルギーGPのFP1で、アップグレードしたパワーユニットに水漏れが発生。旧スペックのパワーユニットに戻すことになった。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、アップグレードしたパワーユニットに水漏れが発生し、ベルギーGPの最初のフリー走行でタイムを出すことすらできなかった。

 このトラブルはすぐに修復することはできず、チームはアロンソがフリー走行2で走れるように、旧スペックのパワーユニットに戻すことを決定した。

 ホンダはアップグレードをベルギーに持ち込むことを決定したが、ジェンソン・バトンは木曜日、パワーユニットの真価は今年のもっと後のレースで体感できると語っている。

「まだホッケンハイムと同じような位置にいると思う。ポジティブに考えれば、おそらくモンツァも同じような位置のはずだ」

「シンガポールのようなサーキットでは、より大きなブーストになるはずだ。少なくともスパみたいなサーキットよりはね。楽しみにしているよ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース