F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
5 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
19 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
25 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
39 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
53 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
60 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
74 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
81 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
95 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
109 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
137 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
144 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
151 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
165 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
172 days
07 10月
次のセッションまで……
179 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
193 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
200 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
208 days
03 12月
次のセッションまで……
236 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
245 days

日本GP出場のガスリー「SFタイトルも欲しいけど選べるならF1を選ぶ」

ピエール・ガスリーは、タイトル獲得がかかるスーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿と同週末に開催されるF1アメリカGPへの出場を希望しているようだ。

日本GP出場のガスリー「SFタイトルも欲しいけど選べるならF1を選ぶ」
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR12
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR12
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR12
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR12 battles, Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso
Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso STR12 leads Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR12
ピエール・ガスリー(TEAM MUGEN)
トップチェッカーを受ける関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

 今季、日本のスーパーフォーミュラにTEAM MUGENから参戦しているピエール・ガスリーだが、先週末のマレーシアGPでトロロッソから突然F1デビューを飾り、14位でフィニッシュした。

 彼は、今週末に開催される日本GPもダニール・クビアトに代わって参戦する予定だが、オースティンで行われるアメリカGPの参戦は不透明な状態だ。なぜなら、同じ週末に鈴鹿でスーパーフォーミュラの最終戦、第16回JAF鈴鹿グランプリがあるからだ。

 スーパーフォーミュラでのガスリーは、第4戦もてぎと第5戦オートポリスで連勝を果たした後、第6戦SUGOでも2位表彰台を獲得するなど絶好調。ポイントリーダーの石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)に0.5ポイント差まで迫るランキング2位につけている。

「タイトルは常に大切なものだ」とガスリーは語った。

「GP2でタイトルを勝ち獲った後、スーパーフォーミュラでもタイトルを獲ることができれば素晴らしいことだろう」

「だけどもしオースティンでレースができるなら、もっと素晴らしいことかもしれない。どうなるか見てみよう」

「F1で1年を終えることができるなら、僕はそうしたい。それ(F1)が僕の最終目標だし、僕が本当に居たいのは……F1なんだ」

「それ(F1ドライブ)は本当に役に立つ経験だ。マシンの中で学習を続け、より自信を感じるようになっていく。だから、チームと働く毎ラップが将来の役に立つはずだ」

 来季、現在のレギュラーであるカルロス・サインツJr.はルノーに”レンタル移籍”するため、ガスリーは2018年トロロッソのレースシート獲得の大本命だと見なされている。特に、来年トロロッソはホンダとの提携を開始する。スーパーフォーミュラを通じてホンダとの関わりがあるガスリーは、まさにうってつけだ。

 トロロッソと、2018年のシートについて議論したかと問われたガスリーは、次のように答えた。

「現時点では、僕たちは話し合いをしていない」

「彼らは、僕が何を考えているのか知っている。もし僕次第なら、すでに契約にサインしているだろうね!」

「僕ができるのは、自分の仕事に集中しベストを尽くすことだけだ。昨年は良いシーズンだった」

「そして僕は日本に行き、そこでもベストを尽くそうとしてきた。そして週末、(マレーシアで)トロロッソと共に戦う本当に良い機会を得た。僕はベストを尽くそうとしているだけだ」

【関連ニュース】

シェア
コメント
フェラーリ、ライコネンのトラブル調査中。ペナルティ回避の可能性も?

前の記事

フェラーリ、ライコネンのトラブル調査中。ペナルティ回避の可能性も?

次の記事

まるでウイングカー。アストンマーチン・ヴァルキリーが日本初公開

まるでウイングカー。アストンマーチン・ヴァルキリーが日本初公開
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦アメリカGP
ロケーション サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ , team Mugen
執筆者 Lawrence Barretto