2017年F1のSNS成長率が発表「F1はまだ遅れている」とシモンズ

シモンズは、F1とフットボールのSNSアカウントを比べ、まだSNSやデジタル面でやるべきことがあると主張した。

 先週F1は、公式FacebookとTwitter、Instagram、YouTubeで計1190万ものフォロワーを獲得したことを発表した。これは2016年と比較すると54.9%増加したという。

 2017年シーズンよりリバティ・メディアが新しいF1のオーナーに就任し、F1のSNSとデジタル面で様々な改革を起こした。そのひとつの例として、リバティ・メディアはチームに対してシーズン序盤にSNSのビデオコンテンツに関する規制を緩和している。またF1が持つコンテンツの中で使用できるビデオコンテンツの量も大幅に増加した。

 F1の発表によると、F1公式Twitterでのビデオコンテンツの視聴回数は2016年シーズンから165%増の6400万回となり、Facebookでビデオコンテンツが視聴された時間は2016年に比べて1600%増したという。

 ウイリアムズの元CTO(最高技術責任者)であるパット・シモンズは、F1のモータースポーツ・マネージングディレクターであるロス・ブラウンが立ち上げた、F1の方向性を定義づける専門チームに昨年から加わった。そのシモンズはその数字以上にもっとやるべきことがあると語った。

「その数字だけを見るとF1にとって良いニュースであるように見えるが、実際はそうでない」

「我々はかなり遅れをとっているのだ。Facebookを見てもメルセデスのフォロワーが1100万人なのに対し、バルセロナ・フットボールクラブは9550万人のフォロワーがいる」

「F1はまだまだだ。それはドライバーにも同様のこと言える。ルイス(ハミルトン)のFacebookでのフォロワーは400万人だが、(レアル・マドリードのクリスティアーノ)ロナウドは1180万人だ」

「SNS分野ではまだ成長を続けているし、少なくとも我々はそういった認識を持っている。リバティ・メディアがF1を引き継いだが、私は今やっていることがバーニー(エクレストン/元F1オーナー)に対する裏切り行為だとは全く思っていない」

 リバティ・メディアは、2018年に向けてさらにファンとの親和性を高めるために、SNS面に関する計画を評価している最中だ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース