最高のマシン作りを追求するマクラーレン「今季は操縦性を優先する」

マクラーレンは2018年型マシンのデザインについて"ドライバーたちにとって扱いやすいものにする"と述べた。

 マクラーレンは2018年型マシンのデザインについて"ドライバーたちにとって扱いやすいものにする"と述べた。

 2017年のタイトルを獲得したメルセデスは、メルセデスW08の扱いづらさを"プリマドンナ"と形容し、一貫したパフォーマンスを得るのが難しかったと認めた。

 ホンダからルノーへとエンジンを切り替えることで飛躍を期待するマクラーレンだが、2018年のマシンはその特性を掴みやすくすることを優先したとテクニカルディレクターであるティム・ゴスは述べている。

「最近でいう素晴らしいマシンといえば、ドライバーにとって操縦性の良いマシンだろう。彼らに対し非常にピーキーなマシンを与えても意味はない」

「我々はドライバーにとって様々な領域で操縦しやすいマシンを与えようとしている」

 ゴスによると、マクラーレンは昨年より導入されたエアロの新しいレギュレーションに対応する時から、設計にこのアプローチを取り入れていたという。

「当初、我々はマシンが発揮するパフォーマンスレベルについて何の心配もしていなかった」

「まず我々がやりたかったのは、流体の物理を理解し、ヨーやステアリング、ロールや最低地上高などいかなる領域でも良好な挙動を示すエアロダイナミクスを得ることだった」

「満足できるだけの挙動を示すエアロダイナミクスを得られた時から、我々はマシンのパフォーマンスを向上させ始めた」

「最近の我々のアプローチは、ドライバーに信頼して動かすことができるものを与えるということだ。負荷が高いエアロダイナミクスを与えるのは、ドライバーやマシンの挙動にとって最も”速い”パッケージだとは思っていない」

 さらにゴスは、ホンダ製パワーユニットの出力が低いことに対応し、ストレートスピードを稼ぐためにダウンフォースを削減するというようなことを行ってこなかったと語った。

「ストレートで競争力を発揮させるためにマシンのダウンフォースを削ったり、ウイングのレベルを下げたりすることは一切行わなかった」

「我々のアプローチは、常に最速のラップタイムを求めることにあったし、週末の我々の戦術は予選でできるだけ上位に入り、レースでは速いラップタイムを武器にポジションを守るというものだった。状況が厳しいレースでも、それは同じだった」

「ハンガリーGPでかなりうまくいき、良いレースをすることができた。しかし、ベルギーでは結果が振るわなかった」

「それラップタイムのせいではなく、長いストレートでポジションを守る術がなかったからだ」

「我々のマシンには高いパフォーマンスがあったのにも関わらず、順位を守ることができなかったので、ベルギーやイタリアでは非常にもどかしい心地がした」

「我々はレースで勝ち、チャンピオンシップでも勝利し、そして我々が採ってきたアプローチで成功するためにここにいるのだ」

「我々がやりたいのはエンジンの性能が不足しているという事実に応急処置を施すことではなく、最高のエンジンを手にできると想定しながら、最高のマシンを開発することだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース