来季のF1マシンはさらに速く!? ピレリ、2秒のペース向上を予想

大幅に速くなった2017年のF1マシン。しかしピレリは、来季さらに2秒ペースが向上すると示唆している。

 ピレリがチームから入手したデータによれば、2018年のF1マシンはさらに2秒速くなると予想されるという。

 2017年シーズンのF1は、マシンを速くするためにテクニカルレギュレーションを大幅変更。ウイングやタイヤが大型化するなど、マシンの姿かたちは大きく変更された。

 その結果、2017年のF1マシンは2015年のマシンに比べて1周あたり約5秒速くなり、コーナリングスピードが上がったことでドライバーへの身体的負担は大きくなった。

 いずれのコースでもラップタイムの改善は見られたが、その中でも最もペースの”上がり幅”が大きかったのはマレーシアGPで、メルセデスのルイス・ハミルトンが記録したポールポジションタイムは、2年前のラップタイムを9秒も上回るモノだった。ただこれには、天候や路面の再舗装なども大きく影響を与えた。

 しかし、新しいレギュレーションに対する各チームの理解はまだ未成熟な段階。つまり、まだ速くなる可能性を秘めていることを意味している。

 これについてピレリは、まだペースを上げる要素が多く残っていると語る。

「来年の序盤には、彼らは(今年より)1周につき1秒速くなるべきだろう」

 ピレリのF1レーシングマネージャーであるマリオ・イゾラはそう語った。

「そして、1年の開発スピードは、通常なら1〜1.5秒だ。だから来年の終わりまでには、彼らは1周につき今より2秒速くなるべきだ。より柔らかいタイヤを持ち込めば、マシンはもっと速くなる可能性がある」

「しかしハロの搭載によって、マシンの重量が増えることも忘れてはならない。重量増と空力に影響が及ぼされるため、0.3〜0.4秒のラップダウンがあるはずだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース