F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

来季”レース”フル参戦復帰を目指すバトン。マクラーレンとの関係は!?

来季F1以外のレースにフル参戦することを目指すバトンは、マクラーレンのアンバサダーを続ける可能性もあるという。

来季”レース”フル参戦復帰を目指すバトン。マクラーレンとの関係は!?

 ジェンソン・バトンは今季、モナコGPでマクラーレン・ホンダのF1マシンをドライブした。レギュラードライバーを務めるフェルナンド・アロンソが、同日に行われるインディ500に参戦することを選んだためだ。

 バトンは今季まで、マクラーレンのリザーブドライバーの役割を担っている。しかしこの契約も、今季限りで切れることになっている。そしてバトンは、2018年はいずれかのカテゴリーでフルタイムのシートを確保し、レースに参戦したいという意向を明らかにしている。

 マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、マクラーレンとしては2018年のF1レギュラーシートを提供することはできないものの、何らかの形でバトンと仕事を続けていくことは可能だと語る。

「彼はフル参戦のシートを探している」

 そうブーリエは語った。

「我々のところにそれはない。しかし彼は我々のアンバサダーだし、両者に適した形で彼と仕事を続けていくことができれば幸せだろう」

「でもレースに関して彼に提供できるモノは、我々には何もない」

 ブーリエは、アンバサダーとしての契約は、バトンが来シーズン参戦するカテゴリーに依存することになるだろうと語る。バトンはシーズンを通してレースをする意向を示したものの、それがアメリカになるのか、ヨーロッパになるのか、あるいは日本になるのかは決まっていない。

 バトンは今季のイギリスGPで、メディアの仕事も担った。それは楽しかったとバトン自身は語るが、シーズンを通して行うことはないだろうと語る。

「シルバーストンに行ったけど、楽しかった」

 バトンはそう語った。

「このスポーツを別の角度から見るのはいいことだ。僕はシルバーストンを本当に楽しんだ」

「ポディウムインタビューをしたのは、イギリスGPが最初だった。勝ったイギリス人(ルイス・ハミルトン/メルセデス)と一緒だったから、素晴らしい感じだった」

「僕は週末を楽しんだ。でも、レースにコメントするというのは、僕の仕事じゃない。僕はまだドライバーなんだ。ドライブすることにまだ情熱を持っているし、それを愛している」

「時折、僕はその中に飛び込んで、レースしているのを自分で想像することがある。それは楽しいことだ。でも、レースを見るっていうのは、僕が求めているものじゃない」

【関連ニュース】

シェア
コメント
ルノーF1、保守的アプローチから脱却。”魔法のエンジンモード”導入へ

前の記事

ルノーF1、保守的アプローチから脱却。”魔法のエンジンモード”導入へ

次の記事

ディ・レスタ、ウイリアムズでテスト完了。チームは詳細を語らず

ディ・レスタ、ウイリアムズでテスト完了。チームは詳細を語らず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ジェンソン バトン
チーム マクラーレン
執筆者 Lawrence Barretto