来季F1フル参戦決定のハートレー、ポルシェとの契約も”継続”

来季トロロッソのレギュラーシートを獲得したブレンドン・ハートレーだが、F1の契約によってポルシェとの関係が変わることはないという。

 来季トロロッソのレギュラーシートを獲得したブレンドン・ハートレーだが、F1の契約によってポルシェとの関係が変わることはないという。

 ハートレーは、今シーズンをポルシェ・チームの一員としてWEC(世界耐久選手権)を戦い、2度目のワールドタイトルを獲得した。その彼はアメリカGP以降トロロッソのシートを得てF1に参戦。来季同チームでフル参戦することも決まった。

 今週末バーレーンで行われているWEC最終戦の会場で、ハートレーのF1フル参戦がポルシェとの契約に影響を及ぼす可能性があるのかどうか、ポルシェのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルに尋ねたところ、「いや、そうでもない」と語った。

「明らかに、彼が我々のためにできることについて、制限が設けられることになるだろう。なぜなら、彼のスケジュールはかなり忙しくなるだろうからだ」

「しかし、共に築き上げてきた歴史を我々としては続けていきたい。ポルシェのモータースポーツのプロジェクトは巨大だ。だから来年もブレンドンが、ポルシェファミリーの中で働く機会は数多くある」

 ポルシェは今季限りでWECのLMP1クラスへの参戦を終了し、2019-2020年シーズンから参戦が予定されているフォーミュラEのプロジェクトに注力することになる。しかし、GTEクラスへの参戦は継続。アメリカのIMSAでも、GTマシンを走らせる予定だ。

 ザイドルはGTのプロジェクトにハートレーを起用する可能性を示唆すると共に、フォーミュラEに参戦することを決めたアンドレ・ロッテラーやニール・ジャニら”ワークスドライバーとして契約中”のドライバーたちと同じ立場にハートレーもいると説明した。

 一方ハートレー自身は、F1と並行してスポーツカーレースに出走することについては、「考えられるチャンスはなかった」と語っている。

 スポーツカーレースに参戦することについて興味を持っているかどうか尋ねられたハートレーは、次のように語った。

「もちろんだ。でも、それについてはコメントしたくない。F1での1年目には、学ぶべきことがたくさんあるだろう。毎週末レースをすることもできる。しかし、F1が最優先なんだ」

Additional reporting by Frankie Mao

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , WEC
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム ポルシェ・チーム , トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース